僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もやることがないのでマイナス5歳肌を作るケアの要点を綴ってみる。

タンパク質の一種であるコラーゲンは柔軟性を有する繊維状の組織であって細胞や組織を結び合わせる作用をして、ヒアルロン酸という化合物は繊維で構成されたコラーゲンの隙間を埋める形で、水分が不十分となることを阻止する機能を果たします。

大人特有の肌トラブルの主な要因はコラーゲンが足りていないことによるものと考えられます。皮膚組織のコラーゲン量は加齢とともに減少し、40代を過ぎると20代の頃と比べておよそ5割程度しかコラーゲンを生成できなくなってしまいます。

コラーゲンの働きによって、肌に失われていたハリが取り戻されて、なんとかしたいシワやタルミを健全に整えることが可能になりますし、他にもダメージを受けてカサついた肌への対処にも効果的です。

セラミドが含有されたサプリや健康食品・食材を継続的に体内摂取することにより、肌の水分を抱え込む作用がより上向くことになり、全身のコラーゲンをより安定な状態にすることもできるのです。

「美容液」と簡単にいっても、数多くの種類が存在しており、適当にまとめてこれと説明するのはちょっと難しいと思いますが、「化粧水というアイテムと比較するとより多く美容成分が使われている」とのニュアンス に似ているかもしれません。

ヒアルロン酸とはもとより人の体の中にある成分で、とりわけ保水する秀でた特長を有する生体成分で、ビックリするくらい多量の水をため込むことができると言われています。

美容液を取り入れなくても、瑞々しく潤った美肌を持ち続けることが叶うのなら何の問題もないと想定されますが、「物足りなくて不安な気がする」などと感じる場合は、今からでも使い始めてはどうでしょうか。

自然界では他にほとんど見られない成長因子を含むプラセンタは常に新鮮な細胞を生み出すように促す力を持ち、内側から全身の隅々まで浸透して一つ一つの細胞から肌や全身の若返りを図ります。

体内のヒアルロン酸の量は乳幼児の時が生成量のピークで、30代から急速に低減し始め、40代になると赤ちゃんの時と比較してみると、約50%にまで減少が進み、60代を過ぎる頃には大変少なくなってしまいます。

保湿を意識したスキンケアをしながら同時に美白のためのスキンケアも実践することにより、乾燥に左右される多種多様な肌のトラブルの悪循環を終わらせ、かなり実用的に美白ケアができてしまうという理屈なのです。