僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日も取りとめもなくきれいな肌を保つ方法の情報をまとめてみました。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

最近よく聞くプラセンタいう言葉は英語で哺乳動物が妊娠した際に作られる胎盤を示します。化粧品や健康補助食品などで最近よくプラセンタ入りなど目にすることがありますが、これについては臓器としての胎盤そのもののことをいう訳ではないので怖いものではありません。

よく聞く高機能成分セラミドにはメラニンの合成を日焼けなどが原因のシミやそばかすを予防する有難い美白作用と皮膚を保湿することで、肌の乾燥や小じわ、ガザガサ肌などの多くの肌トラブルを改善する優れた美肌作用を持っています。

女性は日ごろスキンケアの際化粧をどんな風に肌に塗っているのでしょうか?「手で肌に浸みこませる」などと回答した方が断然多い結果になって、「コットンを使う派」は少数でした。

歳をとることによって老け顔の原因であるシワやたるみが肌に出現してしまうわけは、欠かしてはいけない大事な構成成分だと言われるヒアルロン酸の体内含量が激減して水分のある瑞々しい皮膚を保ちにくくなってしまうからに他なりません。

顔を洗った後は時間をおくと化粧水の肌への吸収度合いは減少します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも肌が乾いた状態になるので、早急に保湿成分のたっぷり入った化粧水を使うようにしないと潤いが失われてしまいます。

「美容液は贅沢品だからあまり使用しない」という方もいるようですが、肌に栄養を与えるための美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない生活を選んだ方が賢明かもとさえ感じるくらいです。

ここ最近は抽出の技術が向上し、プラセンタが持つ効能のある成分を安全性の非常に高い方法で抽出することが簡単にできるようになり、プラセンタの持つ多くの効果効能が科学的に裏付けられており、より一層詳細な研究もなされているのです。

美容液とは肌の奥まで浸みこんで、内部から肌を若々しい状態にしてくれる栄養剤です。美容液の有難い作用は、別の基礎化粧品が届かない肌の「真皮」の層まで必要な栄養成分を届けてあげることになります。

肌に本来備わっている防護機能によって潤いを保とうと肌は頑張るのですが、その大事な機能は歳をとるとともに弱くなっていくので、スキンケアによる保湿で届かない分を補うことが重要です。