僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もくだらないですが、美肌を作るケアの要点をまとめてみました。

そもそもヒアルロン酸とは身体全体のいろんな場所に含まれている、粘り気のあるネバネバとした高い粘性の液体のことであり、生化学的に言えばムコ多糖類の中の一種と解説できます。

今日に至るまでの研究によれば、胎盤から抽出されたエキスであるプラセンタには単純な栄養分ばかりではなく、組織の細胞分裂をうまく制御する作用を持つ成分があることが公表されています。

女性は普段朝晩の化粧水をどんな方法でつけているのでしょうか?「手で肌につける」と答えた方が圧倒的に多いという結果が出され、コットンでつけるという方はあまりいないことが明らかになりました。

セラミドというのは人の皮膚の表面にて周りからのストレスを止める防護壁的な機能を担当し、角質バリア機能と言われる重要な働きを担当している皮膚の角層部分に存在する非常に大切な成分のことを指します。

ここに至るまでの研究によると、プラセンタの多様な有効成分の中には単純な栄養補給成分ばかりでなく、細胞が分裂する速度を適切な状態に調整する成分が元来入っていることが知られています。

若々しくて健康的な肌にはセラミドが豊富に含有されており、肌も水分を含んでしっとりとした感触です。しかしながら、加齢などでセラミド量は減少していきます。

わざわざ美容液を使わなくても、きれいな肌を守り続けることが可能であれば、結構なことと断言しますが、「なにか物足りない気がする」と考えることがあれば、いつでもスキンケアに取り入れてOKだと思います。

化粧水を使う際に、100回程度掌全体でパッティングするという方法があるようですが、このつけ方はあまりよくありません。ストレスなどで肌が弱っていたら毛細血管を痛めることになり肌の赤みの強い「赤ら顔」の引き金となる可能性があります。

保湿の大切なポイントと言えるのは角質層が隅々まで潤うこと。保湿成分がたくさん入っている化粧水で角質層を水分で満たし、補給した水分量が蒸散しないように、乳液やクリームを使ってオイル分によるふたをしてあげるのです。

何と言っても美容液は肌を保湿する作用がしっかりしていることが大変重要なので、保湿する成分がどれ程の割合で添加されているか確認することをお勧めします。多くの製品の中には保湿だけに焦点を当てている製品などもあるのです。