僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日も突然ですがいきいき素肌を保つケアについて公開します。

結構浸透している高機能成分セラミドは、肌の新陳代謝とともに生成される“細胞間脂質”を指し、3%ほどの水を保持し、細胞同士をまるで接着剤のようにくっつける大切な働きを持っているのです。

成長因子が多く含まれるプラセンタは休むことなく新しい元気な細胞を速やかに作るように仕向ける作用があり、体の奥から隅々まで浸透して各々の細胞レベルから疲れた肌や身体を若々しくしてくれるのです。

体内のヒアルロン酸の量は乳幼児の時が最も豊富で、30代以降は一気に減少していき、40代を過ぎると赤ちゃんの時と比較してみると、ほぼ5割まで減ってしまい、60歳を過ぎると大変少なくなってしまいます。

体内のあらゆる組織において、絶えることなくコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が活発に行われ新しいものに置き換えられています。加齢の影響で、このうまく釣り合っていたバランスが崩れてしまい、分解率の方が増大します。

経口摂取され体内に入ったセラミドは一度は分解されて異なる成分に変異しますがその成分が皮膚の表皮に到達することでセラミドの生合成が開始され、角質層のセラミドの含有量が徐々に増加すると考えられているわけです。

強い紫外線にさらされた後に一番にやるべきことがあります。それは、普段より完璧に保湿すること。この保湿が何をおいても大事なことなのです。加えていうと、日焼けのすぐあとに限らずに、保湿は習慣として行った方がいいでしょう。

身体の中では、休むことなく古くなったコラーゲンのアミノ酸への分解と再度の合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。年を重ねていくと、このうまく釣り合っていた均衡が変化してしまい、分解の比重が増えてしまいます。

巷で噂の成分として注目されているセラミドにはメラニンの生成を抑え込んで、女性の大敵であるシミ・そばかすを防御する高い美白作用と肌への保湿によって、乾燥肌や小じわ、肌のごわつきなどの多くの肌トラブルを防いでくれる優れた美肌機能があります。

アトピー性皮膚炎でダメージを負った肌の治療に使用が推奨されることもある高い安全性を持つ保湿成分セラミド。このセラミドが含有された安全性の高い化粧水は高い保湿効果があり、アレルギー源などの刺激から肌をしっかりと守る機能を強いものにしてくれます。

プラセンタ配合の美容液と聞けば、老化防止や色素沈着の改善による美白効果などの特化した効能を持つイメージがある美容液なのですが、毛穴まで拡大したニキビの炎症を緩和して、茶色っぽくなったニキビ痕にも効果を示すと話題沸騰中です。