僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もあいかわらずマイナス5歳肌ケアについて調べています。

水分を除外した人体の約50%はタンパク質によってできていて、そのうちの35%前後がコラーゲンです。コラーゲンの大切な機能として知られているのは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節などを構築する原料となる所です。

美白ケアにおいて、保湿をしっかりとすることが非常に大切であるという話には理由が存在します。その内容を説明すると、「乾燥してしまいダメージを受けてしまった肌は、紫外線の影響に敏感になる」からだと言われています。

皮膚の一番外側にある表皮には、硬くて丈夫なタンパク質からできた角質層と呼ばれる部分が存在しています。この角質層部分の細胞同士の間を埋めるように存在するのが「セラミド」といわれている脂質の一種です。

コラーゲンという物質は、美しさや健康をキープするために欠かしてはいけない大切な栄養成分です。健康なからだを作るためにとても重要なコラーゲンは、その代謝が衰えてくるようになったら食事などで補充する必要があるのです。

化粧水の持つ大きな役割は、水分を肌にただ与えることと思う人も多いですが、それ以上に、肌のもともとの凄いパワーが十分に機能するように、表皮の環境を健全に保つことです。

コラーゲンを多く含むタンパク質系の食品を意識的に摂取し、その効果で、細胞と細胞が強くつながり水分を保つことが出来れば、瑞々しいハリのある美肌を手に入れることができるのではないかと思います。

加齢の影響や日常的に紫外線に長時間曝露されたりすると、全身の至る所にあるラーゲンは固まって組織自体が硬くなったり量が低下したります。このことが、皮膚のたるみ、シワが出現してしまうきっかけとなるのです。

コラーゲンの作用で、肌に失われていたハリが再び蘇り、目立つシワやタルミを健康な状態に整えることが実際にできますし、それだけでなく更に水分不足になった肌へのケアにも効果的です。

若々しく健康な美肌を維持し続けるためには、かなりの量のビタミン類を食事などで摂取することが肝心ですが、実はそれに加えて皮膚の組織と組織を架け橋となってつなぐ大切な働きをするコラーゲンを体内で合成するためにも欠かすことができないのです。

肌に備わっている防護機能で潤いを蓄えておこうと肌は努力しているのですが、その有益な作用は歳をとるとともに衰えてしまうので、スキンケアの保湿から要る分を追加することが重要になります。