僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日も得した気分になる?美肌維持についての考えを綴ってみます。

プラセンタ入り美容液と言えば、アンチエイジング効果や絶大な美白効果などの印象がより強い美肌美容液ですが、気になるニキビの炎症をきちんと鎮めて、皮膚が陥没したニキビ痕にもその効果を発揮するとメディアや雑誌で話題沸騰中です。

荒れやすい敏感肌やエアコンなどで悪化しやすい乾燥肌でうんざりしている方に重要なお知らせです。あなたの肌の質をマイナスにしているのはもしかするとですがいつものお手入れに使っている化粧水に加えられた何らかの悪さをする添加物かもしれません!

化粧水を吸収させる際に、100回くらい手で軽くパッティングするという方法も存在しますが、このような方法はやめておきましょう。肌が過敏な状態の時には毛細血管が傷ついて「赤ら顔」という状態の呼び水となります。

よく耳にするコラーゲンは、若々しく健康な毎日を送るためには必須となるとても大切な栄養素です。健康に生きていくうえで身体にとても大切な栄養素であるコラーゲンは、細胞の代謝が衰えてくるようになったら十分に補給する必要が生じます。

化粧水の使い方に関しては「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「豪快にバシャバシャと使って潤いを与えたい」などというのを聞きますね。試してみると確かに顔につける化粧水は不十分な量よりたっぷりの方が好ましいといえます。

美容液をつけたからといって、誰もが絶対に色白の肌になれるということにはならないのです。常日頃の地道な日焼けへの対策も重要です。状況が許す限り日焼けをしないように何らかの対応策を事前に考えておくことが大切です。

注意すべきは「汗が少しでもふき出したまま、いつも通りに化粧水を顔に塗ってしまわない」ようにすること。かいた汗と化粧水がごちゃまぜになると肌に思わぬ損傷を及ぼしかねません。

注意した方がいいのは「止まらないからといって汗が吹き出している状況で、いつものように化粧水をつけてしまわない」ようにということ。汚れを含んだ汗と化粧水がごちゃまぜになると無意識のうちに肌にダメージを与えてしまうかもしれません。

コラーゲンの作用で、肌に失われていたハリが呼び戻され、顔のシワやタルミを健全に整えることが実現できるわけですし、なおかつ乾燥してカサついたお肌への対応措置にも効果が期待できます。

20歳過ぎてからの肌トラブルの要因のほとんどがコラーゲンが足りないことによると考えられます。肌を支えるコラーゲンの量は年ごとに減り、40歳代を過ぎると20歳代の時期の約50%くらいしかコラーゲンを作ることができなくなってしまうのです。