僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日も気が向いたのでいきいき素肌を作るケアを集めてみました

無添加で有名な化粧水を使うようにしているから大丈夫だろう」と油断している方、その化粧水は本当の無添加品ですか?実を言うと、添加物の中の1つを添加しないというだけでも「無添加」と宣伝して差支えないのです。

普通市場に出ている化粧水や乳液などの基礎化粧品や健康食品・サプリに入っているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが主に使用されています。安全性の高さの点から判断した場合、馬や豚が原料になっているものが極めて安心して使えます。

美容液をつけなくても、若々しい美肌を守り続けることが可能であれば、何の問題もないと想定されますが、「なにかが物足りない」などと感じたなら、年代は関係なく使用開始してみるのはどうでしょうか。

タンパク質の一種であるコラーゲンは高い柔軟性を有する繊維性たんぱく質で細胞をしっかりとつなぎ合わせる役割を持ち、ヒアルロン酸という化合物はコラーゲン繊維の隙間を埋める形で、水分量が不十分になることを阻止するのです。

10〜20歳代の元気な皮膚にはセラミドが豊富に保有されていて、肌も潤いにあふれしっとりとしています。ところが、年齢を重ねるたびにセラミド含有量は少しずつ減っていきます。

重度にカサついた皮膚の健康状態で悩んでいるならば、体中にコラーゲンがたっぷりとあれば、必要な水がたくわえられますから、ドライ肌へのケアとしても適しているのです。

美容に詳しい人のアドバイスとして「化粧水はケチらない方がいい」「浴びるようにたっぷりとつけるのが一番」と言われているようですね。試してみると実感できることですが顔につける化粧水は不十分な量より多めの量の方がいいと思われます。

コラーゲンの効果によって、肌に健康なハリが復活し、顔のシワやタルミを健康に整えることが実現できますし、更に水分不足になった肌に対するケアにもなってしまうのです。

世界の歴史上屈指の美女として後世に伝えられる女性達がプラセンタを美容や健康の維持と若さを保つ効果に期待して使っていたとされ、はるか古代からプラセンタの美容への高い効果が認識されていたことが感じ取れます。

大人特有の肌トラブルが起きる原因のほとんどはコラーゲンの不足であると言われています。皮膚のコラーゲンの量は年ごとに減少し、40代にもなれば20代の頃と比較しておよそ5割程度しかコラーゲンを合成することができません。