僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

暇なのですべすべ素肌を保つ対策の事を綴ってみる。

乳児の肌が潤いに満ちて弾力性に富んだ張りがあるのはヒアルロン酸をたっぷり有しているからです。水分を保持する力がとても高いヒアルロン酸は、皮膚の瑞々しさをしっかりと保つ化粧水をはじめとした基礎化粧品に利用されています。

皮膚のタンパク質の70%がコラーゲンによって占められ、肌細胞の隙間を満たすように繊維状あるいは膜状に存在しているのです。肌にハリやつやを与え、シワやたるみのない滑らかな肌を保ち続ける真皮を組成する中心の成分です。

無添加と言われる化粧水を確認して使っているので大丈夫なはず」などと油断している方、その化粧水は間違いなく無添加かどうか確認しましたか?実を言うと、有害性があるとされる100種類以上の成分の中の1つを除いただけでも「無添加」を訴求して特に問題はないのです。

よく耳にするコラーゲンという成分はタンパク質の一種であって、グリシンプロリン、ヒドロキシプロリンなどのアミノ酸が化合して構築されている化合物です。人の身体に含まれるタンパク質の約3割強がそのコラーゲンによって成り立っています。

体内のコラーゲンは伸縮性のある繊維状のタンパク質の一種で細胞と細胞の間を結びつける役目を持ち、優れた保水力を持つヒアルロン酸は網目状のネットワークの隙間に存在することにより、水分が足りなくなることを阻止するのです。

肌がもともと持っているバリア機能で水分の蒸発を防ごうと肌は頑張っているのですが、その優れた作用は年齢の影響で弱くなるので、スキンケアを意識した保湿により要る分を補うことが重要になります。

日光にさらされた後にまずやるべきことがあります。何と言っても、たっぷりの保湿をすることです。この保湿が本当に大切です。更にいうと、日焼けをしたすぐあとばかりではなく、保湿は日課として行った方がいいでしょう。

コラーゲンを豊富に含むタンパク質系の食材などを日頃の食事で意識的に食べ、そのおかげで、細胞と細胞がなお一層固く結びついて、水分を守ることが叶えば、つややかで弾力のある美的肌と称される肌になれると考えます。

化粧水に期待される大切な役目は、水分を浸透させることと思う人も多いですが、それ以上に、肌に備わっている本来の活力がちゃんと働けるように、肌の表面の状態を整備することです。

プラセンタは多くの成長因子を含んでいるため次から次へとフレッシュな細胞を作り出し古いものと入れ替えるように促進する効果を持ち、身体の外側だけでなく内側から末端まで個々の細胞から疲れた肌や身体の若さを取り戻します。