僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日も突然ですが弾む素肌ケアを集めてみました

無添加で有名な化粧水を使用しているから全く問題ない」と油断している方、その化粧水は間違いなく無添加なんでしょうか?実態は、1つの添加物を入れていないというだけでも「無添加」と宣伝して特に問題はないのです。

セラミドは皮膚表面の角質層の健康を守るために必須となる成分のため、老化が目立つ肌やつらいアトピーの肌にはセラミドの継続的な補給は可能な限り欠かさず行いたいものの1つであることは間違いありません。

セラミドを食品や健康補助食品サプリメントなどの内部からと、基礎化粧品などの外部から摂るということによって、上手く健康な肌へと誘導していくことが可能ではないかといわれているのです。

大昔の美人として後世に伝えられる女性達がプラセンタを美しさに磨きをかけることとアンチエイジング効果を得るために使用していたことが記録として残っており、はるか昔からプラセンタが美容に大変有益であることが広く浸透していたことが感じられます。

年齢を重ねたり屋外で紫外線に長時間さらされることで、身体の中の至る所にあるコラーゲンは固まったり体内での量が減少したりします。こうしたことが、気になる皮膚のたるみやシワが出現してしまう主なきっかけとなります。

プラセンタを使用した美容液とについては、加齢による肌のトラブルの改善や美白への効果などの印象がより強い一段上の肌を目指す美容液ですが、赤みが目立つニキビの炎症を確実に抑制して、ニキビ痕の赤みにも効果を示すと大変人気になっています。

美容液というのは、美白とか保湿のような肌に有効に働きかける美容成分が高濃度となるように入れられているから、他の基礎化粧品などと比べ合わせると相場もやや高価になります。

セラミドという成分は、肌の新陳代謝の過程で生み出される“細胞間脂質”のことで、3%程度の水を抱え、細胞を接着剤のような役割をしてつなぎ合わせる大切な機能を持っているのです。

新生児の肌が水分たっぷりでふっくらとした張りがあるのはヒアルロン酸をたっぷりと保有しているからだと言えます。保水する能力に相当優れた物質のヒアルロン酸は、肌の潤い感をしっかりと保つ化粧水のような基礎化粧品に保湿成分として使用されています。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が生成量のピークで、30代を過ぎると急激に減っていき、40歳の頃には赤ちゃん時代と比較してみると、50%ほどに落ちてしまい、60代にもなると大変少なくなってしまいます。