僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日も得した気分になる?弾む素肌になるケアについて書いてみた

無添加で有名な化粧水を使うようにしているから大丈夫なはず」なんて想定している方、その化粧水は実際に無添加なのでしょうか?実際のところ、有害性があるとされる成分の中の1つを配合しないだけでも「無添加」と宣伝して特に支障はないのです。

セラミドは肌表面の角質層を維持するために必要不可欠な要素であることがわかっているため、老化が目立つ肌やアトピー性皮膚炎で乾燥しがちな肌にはセラミドの継続的な補給は欠かしてはいけない対策法になっています。

セラミドの入ったサプリや食材を毎日続けて摂ることによって、肌の水を抱え込む機能が一層パワーアップすることになり、体内の至る所に存在しているコラーゲンを安定な構造にすることだって可能です。

用心していただきたいのは「汗が少しでも吹き出している状況で、いつものように化粧水を塗らない」ようにということです。肌荒れのもととなる老廃物を含んだ汗と化粧水が一緒になると大切な肌に影響を及ぼす可能性があります。

経口摂取され体内に入ったセラミドは一度は分解されて異なる成分に変異しますがその成分が皮膚の表皮に到達することでセラミドの生合成が開始され、角質層のセラミドの含有量が徐々に増加すると考えられているわけです。

「美容液」と一口に言っても、いろんなものがありまして、おしなべてこれと説明することはかなり難しいのですが、「化粧水と比較して多めに効果のある成分が配合されている」というニュアンス にかなり近いかもしれません。

セラミド含有のサプリや食材を継続的に体内に取り込むことによって、肌の水分を抱える能力がアップすることになり、体内の至る所に存在しているコラーゲンをとても安定にすることも可能です。

美容成分としての効能を狙いとしたヒアルロン酸は保湿に対する効果を基本的な概念としたコスメシリーズや健康食品・サプリなどで有益に使われたり、危険性が少ないことからヒアルロン酸注射という美容整形にも幅広く用いられています。

ヒアルロン酸の量は乳児の頃に一番多く、30代以降は急激に減っていき、40歳を過ぎると乳児の頃と比較してみると、ほぼ5割まで減ってしまい、60代の頃には著しく減少してしまいます。

肌への影響が表皮のみにとどまらず、真皮部分にまで到達することが可能となる希少なエキスであるところのプラセンタは、表皮細胞の新陳代謝を活発にすることによって抜けるような白い肌を取り戻してくれるのです。