僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

得した気分になる?いきいき素肌になるケアについての考えを書いてみる

化粧水を塗布する時に「手でつける」方がいいというグループと「コットンの方がいい」というグループに分かれるところですが、結論としてはメーカー側が推奨する間違いのないやり方でつけることを奨励します。

心に留めておいていただきたいのは「たくさんの汗が滲み出たまま、急いで化粧水を顔に塗ってしまわない」ようにすることなのです。塩分や老廃物を含んだ汗と化粧水が混ぜ合わされてしまうと肌に思わぬ損傷を与えかねないのです。

美容液とは肌のずっと奥まで入り込んで、内部から肌を元気にしてくれる栄養剤的な存在です。美容液の仕事は、一般的な化粧品が到達しない「真皮」の層にまで栄養分を送り届けることです。

歴史的な美女と知られる女性達が直接胎盤を食べる形でプラセンタを美容や健康と若々しさの保持を目的として使用していたことが記録として残っており、古代よりプラセンタが美容に非常に効果があることが知られていたということが実感できます。

肌の一番外側にある表皮には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質からなる強固な角質層で覆われている層があります。この角質層内の細胞間にできた隙間をセメントのように埋めているのが人気の「セラミド」というスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一種です。

顔を洗った後は時間とともに化粧水の肌へのしみこみ方は減っていきます。また洗顔の後がもっとも肌の水分が少ない状態になるので、大急ぎで水分を肌にたっぷり与えて保湿してくれる化粧水を使用しないとどんどん乾燥が進んでしまいます。

保湿によって肌の具合を正常化することにより、紫外線の吸収をうまくコントロールし、乾燥が引き起こす多様な肌のトラブルや、またニキビの跡が色素沈着を起こして黒っぽくなってしまう状況を事前に抑止することも可能になるのです。

今どきの化粧品関係のトライアルセットは低価格で量も少ないので、気になる色々な商品を試験的に使ってみることが可能である上、毎日販売されている商品を買うより超お得!ネットを通じて注文できるのですぐに手に入ります。

保湿の重要ポイントは角質層全体の水分量です。保湿効果のある成分がいっぱい配合された化粧水で角質層の隅々まで水分を行き渡らせ、加えた水分量が蒸散しないように、乳液やクリームを使って肌にふたをして水分を閉じ込めましょう。

化粧水が担当する重要な働きは、潤いを行き渡らせることとはやや違って、肌の本来のパワーが十分に機能できるように、肌の表面の状態を整えていくことです。