僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

なんとなーくすべすべ素肌を作る対策の要点を調べてみました。

加齢による肌の衰えに向けての対策の方法としては、まず一番に保湿に集中して実践していくことが何にも増して有効で、保湿することに焦点を当てた基礎化粧品とかコスメで理に適ったお手入れを行うことが外すことができない要素なのです。

効果的と言われる高機能成分セラミドは、肌の新陳代謝のプロセスの中で合成される“細胞間脂質”のことで、3%ほどの水を取り込み、細胞をセメントのような役割をしてつなげる大切な役目を持つ成分です。

ヒアルロン酸という物質は細胞間物質として細胞と細胞の間に多く含まれていて健康な美肌のため、保水作用の持続であるとか吸収剤のように衝撃を和らげる役割を持ち、大切な細胞をしっかり保護しています。

健康的で美しい肌をキープしたいなら、多くのビタミン類を身体に取り入れることが不可欠ですが、実を言えば皮膚の組織間をつなげる大事な役目を持つコラーゲンの合成のためにも欠かしてはいけないものなのです。

セラミドは肌の角質層の機能の維持に非常に重要な物質であることから、ごまかしがきかなくなった肌やアトピーでダメージを負った肌にはセラミドの継続的な補給は欠かすことのできないケアの1つになっています。

石鹸などで顔を洗った後は時間をおくと化粧水の保湿成分が肌へしみこむ割合は減ることになります。また洗顔料で洗顔した後がもっとも肌の水分が奪われた状態になるので、大急ぎで保湿性のある化粧水をつけておかないと乾燥が酷くなります。

ヒアルロン酸の保水作用の関係でも、セラミドが角質層において能率的に皮膚の保護防壁機能を発揮すれば、皮膚の水分保持能力が増強され、一層弾力に満ちた肌を維持することが可能なのです。

コラーゲンという成分は、人間や動物の体内に存在する何よりも一般的なタンパク質であって、皮膚、靭帯、骨、腱など身体の中のいろんな組織に存在していて、細胞をつなげ組織を支えるための接着剤のような役割を持っています。

1g当たり約6リットルもの水分を抱え込める能力があるヒアルロン酸は、皮膚を始めあらゆる部位に多く存在していて、皮膚の表皮の下にある真皮の部位に多く含まれているとの特徴を有します。

強い日光にさらされた後に一番にやるべきこと。何と言っても、たっぷりの保湿をすることです。これが何よりも重要なものなのです。その上、日焼けしてしまったすぐあとだけに限らず、保湿は日々習慣として行うことをお勧めします。