読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日も突然ですがツルツル美肌になる方法について思いをはせています。

皮膚表面にある表皮には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質からできた堅固な角質層で覆われている層があります。この角質層を形成する細胞同士の隙間を充填しているのが「セラミド」と称されるスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一つです。

有名な美容成分セラミドは、表皮細胞の代謝の過程で合成される“細胞間脂質”のことで、およそ3%の水分を保有して、角質層の細胞と細胞を接着剤のような役目をしてつなぎ合わせる重要な役割を持つ成分です。

食品から摂取され体の中に入ったセラミドは一旦分解されて他の成分と姿を変えるのですが、その成分が表皮まで届くとセラミドの生成が開始され、表皮におけるセラミドの含有量が増加することになるのです。

人気の美容成分プラセンタが美肌化粧品や美容サプリメントに使われていることは広く知られていることで、元気な細胞を新たに作り、新陳代謝を良くする効果によって、美容と健康を保つために並外れた効能を存分に見せています。

水の含有量を除外した人体のおよそ50%はタンパク質により作られ、そのうちのほぼ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンが担う主要な役目は身体や臓器などを作り上げる構成部材として利用されることです。

近頃では抽出技術が進み、プラセンタに含有される有効成分を問題なく取り出すことが簡単にできるようになり、プラセンタの多様な作用が科学的にきちんと立証されており、より一層深い研究も進んでいます。

女性がほぼ連日使うであろう“化粧水”。だからなおさら化粧水自体に注意して行きたいものですが、気温の高い夏場に非常に気になる“毛穴”の対策としても質の良い化粧水はとても役立つのです。

美容成分としての効能を目指したヒアルロン酸は、高い保湿効果を基本概念とした化粧品類や健康補助食品などに効果的に利用されたり、安全性が高いためヒアルロン酸注入としても広く活用されています。

体内の各部位においては、次々と生体内酵素によるコラーゲンの分解と再合成が行われ新しいものにチェンジされています。加齢が進むと、このうまくとれていたバランスが失われることとなり、分解の比重が増大してきます。

市販のプラセンタの原料には動物の相違だけではなくて更に、国産品、外国産品があります。厳しい衛生管理状況下で丁寧にプラセンタが作られていますので安全性が気になるのなら推奨したいのは当然国産のものです。