読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

とりあえずツルツル美肌になる方法の事を書いてみました

タンパク質の一種であるコラーゲンは柔軟性を有する繊維状の組織であって細胞や組織を結び合わせる作用をして、ヒアルロン酸という化合物は繊維で構成されたコラーゲンの隙間を埋める形で、水分が不十分となることを阻止する機能を果たします。

「美容液は価格が高いから潤沢には使わない」という話も聞こえてきますが、重要な役割を持つ美容液を出し惜しみするくらいなら、初めから化粧品を買わない選択をした方が賢明かもとすら思ってしまいます。

美容液というものは、美白あるいは保湿などといった肌に効果的な美容成分が高濃度となるように含有されているため、変わり映えのない基礎化粧品と照らし合わせてみると相場も若干高価です。

世界の歴史上屈指の絶世の美女として有名な女性達が動物の胎盤であるプラセンタを美容とアンチエイジング効果を得るために使っていたとされ、古代よりプラセンタが美容に非常に効果があることが認識されていたことがうかがい知れます。

美肌には手放せない存在のプラセンタ。安全性が実証された今日では化粧品やサプリメントなど数多くの品目に使われています。ニキビやシミなどの肌トラブルの改善や美白など多様な効能が見込まれる万能の美容成分です。

老いや日常的に紫外線に長時間さらされたりすると、細胞の間に存在するコラーゲンは劣化して硬くなったり量が低下したります。こうしたことが、年齢を感じさせる肌のたるみ、シワが出現してしまうきっかけとなるのです。

ヒアルロン酸という化合物は細胞間物質として細胞と細胞の間に多く含まれ、健康で若々しく美しい肌のため、保水作用の継続や柔らかい吸収剤のような役割を持ち、一つ一つの細胞をしっかりガードしています。

化粧水をつける時に、100回前後掌で万遍なくパッティングするという説がありますが、このような方法はあまりよくありません。敏感肌の方は特に毛細血管が破れて肌の赤みの強い「赤ら顔」のもとになります。

体内のあらゆる組織において、次から次へと生体内酵素によるコラーゲンの分解と必要に応じた合成が繰り返され代謝を行っています。老化すると、このうまくとれていたバランスが失われてしまい、分解率の方がだんだん多くなってきます。

コラーゲンを多く含有する食材をどんどん摂取し、その効果で、細胞と細胞がなお一層強くつながり水分をキープすることが叶えば、つややかで弾力のある美しい肌を作ることができるのではないでしょうか。