僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日もあいかわらずマイナス5歳肌ケアの事を書いてみます。

コラーゲンというものは弾力性の強い繊維状のタンパク質で一つ一つの細胞を結び合わせるための役割を果たし、保湿成分として有名なヒアルロン酸は網目状のネットワークの隙間に存在することにより、水分の欠乏を阻止するのです。

コラーゲンが不十分だと皮膚の表面は肌荒れが生じたり、血管内に存在する細胞が剥がれ落ちることになり出血が見られる事例も多々見られます。健康維持のために欠かすことのできない成分です。

セラミドの含まれた美容サプリメントや健康食品・食材を毎日の習慣として摂ることによって、肌の水分を抱え込む働きがアップすることになり、身体の中のコラーゲンを安定な状態に導くことだって可能です。

体の中に取り込まれたセラミドは一度は分解され異なる成分に変異しますがそれが表皮まで到達することでセラミドの生成が始まり、角質層のセラミドの保有量がアップすることになるのです。

美容液から思い浮かぶのは、価格が高くどういうわけか上等なイメージを持ってしまいます。歳を重ねるほどに美容液への思いは高まりますが、「贅沢品?」とか「まだ早い?」などの考えで買うことを躊躇している方は案外多いかと思います。

主婦に人気の美容液とは、美容に効果的な成分を可能な限り濃縮して、高濃度に添加しているエッセンスで、誰にとっても絶対に手放せなくなるものとはなりませんが、使用すると翌日の肌のハリ具合や瑞々しさの大きな違いにビックリすることと思います。

お肌の真皮層の7割がコラーゲンによって占められ、皮膚組織の骨組みの隙間を満たすような形で繊維状に存在しているのです。肌のハリを保持し、シワやたるみのない滑らかな肌をキープする真皮層を構成する中心となる成分です。

皮膚の上層には、ケラチンという硬タンパク質の一種で形成された角質層と呼ばれる一種の膜が覆うように存在します。この角質層を構成している細胞同士の隙間を埋めているのが「セラミド」と名付けられている細胞間脂質の一つです。

プラセンタを毎日飲むことで新陳代謝が良くなったり、以前より肌の健康状態が良好になったり、以前より朝の寝起きが改善されたりと効果は実感できましたが、心配な副作用については全くと言っていいほどなかったといえます。

動物の胎盤から抽出されるプラセンタは基礎化粧品や健康食品・サプリメントに入れられている事実は広く知られていることで、細胞を新しく作り、新陳代謝を良くする効果のお蔭で、美容と健康に驚くべき効能を発揮しています。