読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

いまさらながらいきいき素肌を作るケアを集めてみました

身体の中のあらゆる部位において、休むことなく酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と再度の合成が行われ新しいものにチェンジされています。加齢の影響で、このうまく釣り合っていた均衡が不均衡となり、分解の比率の方が増加します。

乳液やクリームなどの油分を含む基礎化粧品を使わずに化粧水オンリーを使っている方もかなり多いのですが、その方法は正直申し上げて決定的な間違いです。保湿をしっかりやらないために脂が多く出ることになったりニキビができてしまったりするというわけです。

一般的に市販の化粧水などの基礎化粧品や健康補助食品に入っているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものになります。気になる安全面から評価した場合、馬由来や豚由来のものが明らかに安全に使えるものだと思います。

肌の表面には、硬いタンパク質からできた角質層という膜が覆うような形で存在しています。この角質層の中の細胞同士の隙間を埋めるように存在しているのが話題の「セラミド」と呼ばれるスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一種です。

開いてしまった毛穴のケア方法を聞き取り調査したところ、「毛穴を引き締める効果のある化粧水などで肌理を整えて手入れしている」など、化粧水を使ってケアを実行している女の人は全回答の25%前後にとどまるという結果になりました。

加齢が原因となる体内のヒアルロン酸含量の低減は、肌の若々しさを大きくダウンさせる以外に、肌のハリも奪い辛い痒みのある乾燥肌やシミ、しわ発生のもと となってしまう可能性があります。

美容面での効果を目的として使用されるヒアルロン酸は、強力な保湿力を基本的な概念としたコスメやサプリメントなどで有益に使われたり、安全性の高さの点からヒアルロン酸注入という美容治療としても活発に用いられています。

一言で「美容液」と言っても、様々な種類が存在しており、単純に一言で定義づけをするのはかなり難しいのですが、「化粧水と比べて多めに効き目のある成分が使われている」という表現 に近い感じです。

「美容液は価格が高いものだから少量しか使う気にならない」とおっしゃる方もいますが、重要な役割を持つ美容液を出し惜しみしながら使うなら、当初より化粧品を買わないことにした方が賢明かもとさえ思うほどです。

心に留めておいていただきたいのは「面倒だからと汗がにじみ出た状態で、お構いなしに化粧水を顔に塗布しない」ということ。塩分などを含んだ汗と化粧水が一緒になると肌に不快な影響を及ぼすかもしれません。