僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日も突然ですが弾む素肌ケアの要点をまとめてみました。

美白化粧品を使うと肌が乾燥すると言われていますが、今どきは、高い保湿効果のある美白スキンケアも出ているので、乾燥を危惧されている人は1回だけでも試しに使用してみる価値はありそうだと思われます。

今日に至るまでの研究によれば、胎盤から抽出されたエキスであるプラセンタには単純な栄養分ばかりではなく、組織の細胞分裂をうまく制御する作用を持つ成分があることが公表されています。

セラミドは表皮の角質層の機能を維持するためにとても重要な要素なので、ごまかしがきかなくなった肌やアトピーで敏感になった肌にはセラミドの継続的な補給は欠かしてはいけないものの1つであることは間違いありません。

プラセンタ入りの美容液には細胞分裂を速める効力があり、皮膚のターンオーバーを正常に整え、定着してしまったシミが薄くなったり消えたりするなどの効能が期待され人気を集めています。

注目の保湿成分セラミドは、肌のターンオーバーとともに生み出される“細胞間脂質”であり、3%ほどの水分を維持し、細胞の一つ一つをまるで接着剤のように接着する大切な働きを持っているのです。

用心していただきたいのは「止まらないからといって汗がふき出したまま、強引に化粧水を顔に塗らない」ようにすることなのです。汚れを含んだ汗と化粧水がブレンドされてしまうと肌に深刻な損傷を及ぼす可能性があります。

巷で有名なコラーゲンという物質は、アンチエイジングと健康を保つために必須となる重要な栄養成分です。健康に生きていくうえで身体にとても重要なコラーゲンは、細胞の新陳代謝が落ちてくるようになったら食事などで補給することが大切です。

主婦に人気の美容液とは、美容に効果的な成分を濃縮して、高い濃度で添加したエッセンスで、誰にとっても絶対に要るものとはなりませんが、肌につけると次の日の肌のハリ感や瑞々しさの歴然とした差に驚くことと思います。

紫外線にさらされた後に一番にやってほしいこと。何と言っても、丁寧に保湿すること。これが第一に大事なことなのです。加えて、日焼けの直後というのではなく、保湿は毎日の習慣として行うことが肝心です。

顔に化粧水をつける際に、100回程度手で入念にパッティングするという説を見かけますが、このつけ方は肌にいいとは言えません。特に肌が敏感な方は毛細血管にダメージを与えて毛細血管拡張症(赤ら顔)の原因の一つになります。