読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

いまさらながら愛され素肌ケアについての考えを綴ってみます。

もともと美容液には、美白または保湿といった肌に有効に作用する成分が十分な濃度で加えられているため、他の基礎化粧品などと照らし合わせてみると商品の値段もいくらか割高となります。

セラミドは肌を潤すといった保湿能力を改善したり、皮膚より大切な水が失われるのを蓋の役割をして防いだり、外部ストレスとか汚れや黴菌などの侵入を防いだりするなどの働きを担っています。

最近耳にする美容成分セラミドは、肌の新陳代謝のプロセスの中で作られる“細胞間脂質”を指し、およそ3%ほどの水分を抱え込んで、細胞の一つ一つをセメントのような役割をしてつなげる機能を持つ成分です。

美容液というものは肌の奥の奥までぐんぐん入り込んで、肌を内側から若々しくしてくれる栄養剤です。美容液の一番の働きは、一般の化粧品では到達しない肌の「真皮」の部分にまで適切な栄養分を送り込んであげることになります。

ほとんどの市販の美肌用の化粧品や健食に使われているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが主なものです。安全性の面から他の動物由来のものと比較して、馬や豚の胎盤を原料としているものが明らかに一番安心して使えます。

皮膚組織の水分以外の約70%がコラーゲンによって構成され、角質細胞の隙間を埋めるような状態で繊維状あるいは膜状に存在しているのです。肌にハリやつやを与え、シワのない美しい肌を守り続ける真皮層を構成する最重要な成分です。

年齢と共に肌に深いシワやたるみができる理由は、不可欠の構成要素のヒアルロン酸の含量が少なくなってしまい水分のある美しい皮膚を保つことができなくなってしまうからと断言できます。

「美容液は価格が高い贅沢品だからほんのわずかしか使用しない」との声も聞きますが、重要な役割を持つ美容液を惜しむくらいなら、化粧品を購入しないことを選んだ方が、その人にとっては良いとさえ思えてきます。

美容液を連日使用したからといって、必ず肌が白くなれるというわけではないのです。通常の着実な紫外線へのケアも必要となります。できるだけ日焼けを避けられるような対策を前もってしておきましょう。

体内のヒアルロン酸量は乳児の頃がピークで、30代を過ぎると一気に減るようになり、40歳を過ぎると赤ちゃんの頃と比較すると、50%ほどに激減してしまい、60代では相当減少してしまいます。