僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

気が向いたのでつやつや素肌を保つ対策についての考えを綴ってみる

しばしば「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「十分潤いを与えるほどにたっぷりとつけるといい」という話を聞きますね。その通り顔につける化粧水は控え目よりたっぷり目の方がいい状態を作り出せます。

原則的に美容液とは、美容や美肌に効果のある成分をギュッと濃縮して、高い濃度で加えた抽出物で、絶対手放せなくなるものではないのですが、つけてみると次の日の肌のハリ感や保湿感の違いに思わず驚嘆すると思います。

有名な美容成分セラミドは、肌の新陳代謝のプロセスの中で合成される“細胞間脂質”のことで、3%ほどの水を抱え込んで、角質層の細胞をまるで接着剤のようにくっつける作用を有する成分です。

体内のあらゆる組織において、絶えず生体内酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と新たな合成が行われています。老化の影響で、ここで維持されていたバランスが衰え、分解率の方が増大してきます。

評判の美容成分プラセンタは化粧品や健康補助食品などに用いられているということは周知の事実で、新しい細胞を作って、新陳代謝の活性化を行う能力により、美容および健康にその効果をいかんなく発揮します。

化粧水の使い方の一つとして、だいたい100回くらい手を使ってパッティングするという方法があるようですが、この方法はあまりよくありません。肌が弱くトラブルになりやすい方は毛細血管が刺激されつらい「赤ら顔」の要因になることもあります。

美容液を利用しなくても、瑞々しい美肌を守り続けることが可能であれば、大丈夫と思われますが、「なにかが物足りない」などと感じる場合は、ふさわしい年齢かどうかは気にせずにスキンケアに取り入れてみるのはどうでしょうか。

皮膚の真皮層の70%がコラーゲンによって構成され、皮膚組織の骨組みの隙間をしっかりと埋めるように繊維状あるいは膜状に存在しているのです。肌のハリを維持し、シワやたるみのない若々しい肌を保持する真皮を形成する最重要な成分です。

一般的に市販の化粧水や乳液などの基礎化粧品や健康食品・サプリに配合されているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが主に使われています。気になる安全性の面から他由来のものと比較して、馬や豚を原料としたものが極めて安心だといえます。

今どきのトライアルセットはそれぞれのブランド別や豊富なシリーズ別など、一揃いの形で種々の化粧品のメーカーが市販しており、多くの人に必要とされるような大人気の商品だと言えます。