僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日も得した気分になる?うるおい素肌を作るケアの事を綴ってみました。

巷で噂の成分として注目されているセラミドにはメラニンの生成を抑え込んで、紫外線によるシミ・そばかすを防御する美白作用と肌を保湿することによって、乾燥肌やシワ、肌の荒れなどの憂鬱な肌トラブルを解消する優れた美肌効果があるのです。

20歳過ぎてからの肌トラブルが起きる要因の多くはコラーゲンが足りていないことだと思われます。肌のコラーゲンの量は年ごとに減少し、40代の声を聴くと20歳代の頃と比較して5割前後しかコラーゲンを作り出すことができないのです。

基礎化粧品の中でも美容液といえば、高い値段で何となくかなり上等な印象。歳を重ねるごとに美容液に対する好奇心は高くなりますが、「贅沢品かも」「まだ早いかも」と思って最初の一歩を踏み出せない方は多いように感じます。

保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲンおよびエラスチンにより構成された網目状のネットワークの間を埋めるように分布し、水を保持する機能によって、みずみずしく潤いにあふれたハリやつやのある肌へと導いてくれるのです。

若さを保った健康な状態の肌にはセラミドがふんだんに含まれているため、肌も瑞々しさに溢れしっとりなめらかです。ところが、歳を重ねることによってセラミド含有量は少しずつ減っていきます。

世界史上歴代の絶世の美女として名を馳せた女性達がプラセンタを美容や健康の維持と若さの保持を目的として愛用していたといわれ、古代からプラセンタの美容への有用性が知られていたということがうかがい知れます。

話題のプラセンタが基礎化粧品や健康食品・サプリメントに用いられているということはかなり知られたことで、元気な細胞を新たに作り、代謝を高める作用のお蔭で、美肌と健康に大きな効果を十分に発揮します。

食品から摂取され体内に入ったセラミドは一度は分解され他の成分に変異しますが、その成分が表皮まで届くことでセラミドの産生が促進されることになっていて、皮膚の表皮のセラミドの保有量が増大するという風にいわれているのです。

通常女性はお手入れの基本である化粧水をどういう具合に使っているのかご存知ですか?「手を使って直接つける」とうような返事をした方が断然多い結果が出て、「コットンでつける派」は思いの外少数派でした。

日焼けしてしまった後に最初にやるべきことがあります。それは、通常より着実に保湿することこれが第一に大切なのです。好ましくは、日焼けした直後だけに限らず、保湿は日課として行うことが肝心です。