僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もヒマをもてあまして若々しい素肌を作るケアの事を書いてみます。

コラーゲンを多く含有する食品や食材を意識的に摂取し、それが効いて、細胞間が固くつながって、水分の保持が出来れば、ハリや弾力のある美肌と言われる肌が手に入るのではないかと推測します。

コラーゲンが不十分だと皮膚の表層は肌荒れといったトラブルが起こったり、血管の壁の細胞が壊されて出血につながるケースも度々見られます。健康を維持するためにはないと困る物質なのです。

化粧水を顔に塗布する際に「手を使う」派と「コットンでつける」派に分かれているようですが、結論としてはそれぞれのメーカーやブランドが推奨するふさわしい方法で継続して使用することをまずは奨励します。

よく聞くプラセンタとは英語で哺乳動物の胎盤を意味するものです。基礎化粧品や健康食品・サプリメントでしばしばプラセンタ高配合など目にしますが、これ自体器官としての胎盤のことを表すわけではないので心配無用です。

若さを保った健やかな状態の肌にはたっぷりのセラミドがあるため、肌も張りがあってしっとりなめらかです。しかしながら、年齢を重ねるたびにセラミド含有量は少量ずつ減少していきます。

コラーゲンの薬効で、肌にピンとしたハリが復活し、目立つシワやタルミを健全化することができますし、更に乾燥によりカサついた肌への対策にもなり得るのです。

老化が原因となる肌のヒアルロン酸含量の低下は、肌の瑞々しい潤い感を大きくダウンさせるばかりではなく、肌全体のハリもダウンさせドライ肌やシミ、しわが発生する一番の原因 になることを否定できません。

セラミドは角質層を守るために必須となる要素であることが明らかであるため、ごまかしがきかなくなった肌やアトピー性皮膚炎の肌にはセラミドの継続した補充は欠かしたくないケアの1つに違いありません。

現在に至るまでの研究で得られた知見では、胎盤から抽出されたエキスであるプラセンタには単なる滋養成分のみではなくて、細胞分裂の作用を最適な状態に調整する働きを持つ成分がもともと含まれていることが発表されています。

お肌のタンパク質の約7割がコラーゲンで作られていて、細胞同士の間にできた隙間を埋めるような形で繊維状に密に存在しているのです。肌のハリを保持し、シワのない美しい肌を持続させる真皮層を構成する中心の成分です。