読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

暇なので美容関連の事を綴ってみました。

肌への薬効が皮膚の表面部分だけでなく、真皮層まで至ることが実現できるとても数少ないエキスということになるプラセンタは、皮膚表面の新陳代謝を速めることにより健康的な白い肌を取り戻してくれるのです。

健康的で美しい肌を保持するには、各種のビタミンを身体に取り入れることが必要となるのですが、実際のところ皮膚の組織と組織をくっつける大切な働きをするコラーゲンの合成のためにも絶対に欠かせないのです。

プラセンタ配合美容液には表皮細胞の分裂を活発化する効力があり、表皮のターンオーバーを正常にさせ、悩みのシミが目立ちにくくなるなどのシミ取り効果が期待され注目されています。

セラミドは肌の潤い感といった保湿作用を向上させたりとか、肌水分が蒸散してしまうのを抑制したり、外部から入る刺激とか汚れや黴菌の侵入を防いだりするなどの働きを持ちます。

気になる毛穴のケアについて伺った結果、「収れん作用のある化粧水などをつけてケアする」など、化粧水を重要視して手入れしている女の人は全員のだいたい2.5割程度にとどまることになりました。

体内では、継続的な酵素でのコラーゲンの分解と再合成が行われています。年を重ねていくと、ここで維持されていたバランスが変化し、分解量の方が増えることになります。

「美容液」と単純にいっても、多くのタイプが存在して、一言で定義づけてしまうのはちょっと困難ですが、「化粧水と比較して多めに有効な成分が用いられている」との意味と同じような感じかもしれません。

セラミドについては人間の皮膚表面で外側から入る刺激を阻止するバリアの役割を担当し、角質層のバリア機能という大切な働きを実践している皮膚の角質といわれる部分の貴重な物質のことであるのです。

「美容液はお値段が高いからたっぷりとは塗りたくない」という話も聞こえてきますが、栄養剤である美容液をもったいながって使うくらいなら、初めから化粧品を買わない選択をした方が、その人には良い決断かもしれないとすら思ってしまいます。

美容液というものは、美白や保湿などの肌に有益な効果を与える成分が比較的高い割合で使われているため、通常の基礎化粧品類と比べ合わせてみると製品の売値もやや割高です。