僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

取りとめもなくマイナス5歳肌を作る方法の要点を綴ってみました。

年齢を重ねたり日常的に紫外線にさらされたりすることにより、全身の至る所にあるラーゲンは劣化して硬くなったり量が減ったりするのです。これらの現象が、肌の硬いシワやたるみが出現してしまう主な原因になります。

近年は技術が進歩し、プラセンタに含有される有効成分を非常に安全に取り出すことが可能になり、プラセンタの多彩な薬効が科学的にきちんと実証されており、より一層詳しい研究も実施されています。

美容液から思い浮かぶのは、割高でこれといった理由もなく上等な感じを持ちます。年齢を重ねるほどに美容液に対する期待感は高まりはするものの、「贅沢品?」とか「まだ早い?」などの考えで思いきれない気持ちになっている女性は結構多いかもしれません。

コラーゲンの作用で、つややかでハリのある肌が復活し、老けた印象を与えるシワやタルミを健康に解消することが可能になるわけですし、それに加えて乾燥して水分不足になった肌へのケアにも効果的です。

人の体内のあらゆる部位において、絶えず生体内酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と必要に応じた合成が繰り返され代謝を行っています。加齢の影響で、ここで保たれていたバランスが崩れることとなり、分解の動きの方が増大してきます。

肌への効果が皮膚の表面部分のみではなく、真皮部分にまで到達することがしっかりできるまれな抽出物であるプラセンタは、表皮の代謝を活発にすることによって日焼け前の白い肌を実現してくれるのです。

保湿の重要ポイントと考えられるのは角質層に適度に水分が保持されていることです。保湿作用のある成分が多く使われた化粧水で角質層を水分で満たし、補充した水分量が逃げていかないように、乳液とかクリームなどを活用して油分でふたをしてあげるのです。

有名な美容成分セラミドは、肌の新陳代謝のプロセスの中で作り出される“細胞間脂質”であり、約3%の水を取り込み、角質層の細胞を接着剤のように結びつける重要な役割があるのです。

「美容液は割高だからたっぷりとは塗らない」という方もいるようですが、栄養剤である美容液をケチるのなら、当初より化粧品を買わない主義になった方がベターなのではないかとさえ思うほどです。

強力な保水力で有名なヒアルロン酸は人体の細胞と細胞の間のあらゆるところに多く含まれていて若々しく健康な美肌のため、保水能力の持続であるとか衝撃を吸収するクッションのような働きで、デリケートな細胞をしっかりガードしています。