僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もなんとなくマイナス5歳肌対策の要点を調べてみました。

年齢と共に肌にシワやたるみのような変化が生じるのは、欠かすことのできない重要な構成成分のヒアルロン酸の量が減少し水分に満ちた美しい皮膚を保つことが難しくなるからだと言っても間違いありません。

多くの女性が洗顔後にほぼ連日使うであろう“化粧水”。それ故化粧水の性能にはある程度のこだわりを持ちたいものですが、特に暑い時期にとても気になる“毛穴”のケアにも質の良い化粧水はとても有益なのです。

コラーゲンの働きによって、肌にハリや弾力が戻り、老け顔の原因であるシワやタルミを健康な状態に整えることが実際にできますし、他にも乾燥してカサカサした肌対策ということにもなり得るのです。

毛穴のケアの仕方を聞き取り調査したところ、「引き締め効果のある質の良い化粧水で手をかけている」など、化粧水を重要視して対策を考えている女の人は全員のおよそ2.5割程度にとどまるという結果になりました。

プラセンタは自然界において他には含まれない成長因子を多く含むため常に若い細胞を産生するように促す力を持ち、体の中から組織の隅々まで細胞の単位で肌や全身の若々しさを取り戻しれくれます。

肌に備わるバリア機能で水分の蒸散を防ごうと肌は一生懸命なのですが、その大事な働きは年齢を積み重ねるにつれて徐々に低下するので、スキンケアの際の保湿で不足した分を追加してあげることが重要になります。

心に留めておいていただきたいのは「少しでも汗がにじんだまま、お構いなしに化粧水を塗らない」ということ。塩分などを含んだ汗と化粧水が混合されると無意識のうちに肌にダメージを与えるかもしれません。

本当ならば、美肌効果を手に入れるためにはヒアルロン酸を1日分で200mg以上摂取することが必須条件となるのですが、ヒアルロン酸を含有する食品や食材はあまり流通しておらず、普段の食生活の中で体内に取り入れるのは困難だと思われます。

食品として体内に摂取されたセラミドは一度分解されて他の成分に変異しますが、その成分が皮膚に行き届きセラミドの生成が促進されることになっていて、皮膚表皮のセラミドの生産量がどんどん増えていくわけです。

成人の肌のトラブルを引き起こす多くの原因はコラーゲンが足りないことによると考えられます。肌内部のコラーゲン量は年をとれば減少し、40歳代ともなれば20代のおよそ50%くらいしかコラーゲンを生成できなくなるのが現実です。