僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日も得した気分になる?つやつや素肌を保つ方法の事を綴ってみる。

「無添加の化粧水をいくつかある中で選んでいるので恐らく大丈夫」と考えている方、その化粧水が間違いなく無添加であると確認して使っていますか?実際のところ、様々な添加物の1つを使っていないというだけでも「無添加」と表示して許されるのです。

一般に「肌のためには化粧水をケチらない方がいい」「豪快に浴びるようにつけるのが一番」という話を聞きますね。その通り顔につける化粧水は足りなめの量より多めの方が満足のいく効果が得られます。

市販のプラセンタの種類には用いられる動物の種類ばかりでなく、国産品、外国産品があります。非常に厳しい衛生管理のもとでプラセンタを生産していますので信頼性を望むのなら選ぶべきは当然国産プラセンタです。

プラセンタという言葉は英語でPlacentaと表記し胎盤を指します。化粧品や健康食品・サプリメントで最近よくプラセンタを贅沢に含有など見かけることがありますが、これについては器官としての胎盤そのもののことを示しているのではないので怖いものではありません。

保湿の重要ポイントは角質層が隅々まで潤うこと。保湿成分が潤沢に含まれた化粧水で角質層を十分にうるおし、プラスした水分量が飛んで行かないように、乳液とかクリームをつけてオイル分によるふたをして水分を閉じ込めましょう。

理想的には、体内の水分保持を狙うにはヒアルロン酸を1日につき200mg超常飲することが必須条件となるのですが、ヒアルロン酸が含まれている食品や食材は非常に少なく、普通の食事を通じて摂取するというのは容易なことではないはずです。

「美容液はお値段が高いからほんの少量しかつけたくない」との声も聞きますが、肌に栄養を与えるための美容液をケチるのなら、化粧品そのものを買わないことにした方が、その人には良い決断かもしれないとさえ思ってしまいます。

赤ん坊の肌が水分たっぷりで弾力のある張りがあるのはヒアルロン酸を大量に保有しているからだと言えます。水分を保持する能力がとても高いヒアルロン酸は、潤いのある肌を保つ働きをする化粧水や美容液に使用されています。

気をつけなければならないのは「汗がどんどん滲み出たまま、あわてて化粧水を塗ってしまわない」ようにすることです。ベタベタした汗と化粧水が混ざり合うと無意識のうちに肌にダメージを及ぼす可能性があります。

化粧品に関わる情報が溢れている昨今は、現にあなたの肌質に合う化粧品にまで到達するのは難しいものです。まず第一にトライアルセットでちゃんと試してもらえればと思います。