僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

またまた美肌を保つ対策の情報を書いてみました

基礎化粧品の中でも美容液と聞けば、価格が高くてこれといった理由もなく上等なイメージがあります。歳を重ねるにつれて美容液への関心は高まるきらいがあるものの、「贅沢品かも?」「まだ早いかも?」と二の足を踏んでしまう方は少なくないようです。

成人の肌のトラブルが起きる要因の多くはコラーゲン量の不足によるといわれています。皮膚コラーゲン量は年を追うごとに低下し、40歳代を過ぎると20歳代の約50%くらいしかコラーゲンを作れなくなります。

洗顔の後は何もせずに置いておくと化粧水の保湿成分の吸収率は低減します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が酷くなるので、なるべく急いで保湿成分のたっぷり入った化粧水を使わないと乾燥が加速してしまいます。

セラミドという成分は、肌の新陳代謝とともに作られる“細胞間脂質”を指し、水分を約3%程度抱き込んで、角質層の細胞を接着剤のような役割をして結びつける作用を持っているのです。

コラーゲンが欠乏状態になると肌表面は肌荒れのようなトラブルを起こしたり、血管の内皮細胞が剥がれ落ちることになり出血につながる場合もあり気をつけなければなりません。健康な生活を送るためには欠かすことのできない物質なのです。

歳をとることや過酷な紫外線に曝露されたりすることにより、身体の中のコラーゲンは固まって代謝不能となったり量が少なくなったりします。このようなことが、肌の硬いシワやたるみを作ることになる原因となるのです。

市販のプラセンタの原料には用いられる動物の種類の他にも、国産とそうでないものがあります。厳しい衛生管理体制の中プラセンタを製造していますので安全性を考えるなら選ぶべきは当然日本産のものです。

「無添加と書いてある化粧水を選んでいるから全く問題ない」などと思った方、その化粧水の何が無添加か確認しましたか?実を言うと、添加物の中の1つを使っていないというだけでも「無添加」と表現して差支えないのです。

セラミドについては人間の肌の表面で外部攻撃を防ぐバリアの機能を果たしており、角質バリア機能と比喩される働きを担う皮膚の角層部分にある大事な成分のことであるのです。

加齢によって肌に気になるシワやたるみができる理由は、欠かすことのできない大切な要素であるヒアルロン酸の体内含量が減ってしまい十分に潤った肌を維持することが難しくなってしまうからです。