僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

ダラダラしてますがきれいな肌を作るケアの事をまとめてみる。

若さのある健康的な皮膚には豊富なセラミドが保有されており、肌も水分をたっぷり含んでしっとりなめらかです。けれども残念ながら、加齢と共に肌のセラミド量は徐々に減退してきます。

気をつけた方がいいのは「汗がうっすらとにじんだまま、あわてて化粧水を塗ってしまわない」ということ。塩分や老廃物を含んだ汗と化粧水が混合されると大切な肌に影響を及ぼすかもしれません。

健康的で美しい肌を守りたいなら、かなりの量のビタミンを取り入れることが求められますが、実際のところ更に皮膚の組織同士を結びつける必要不可欠な役割を持つコラーゲンを体内で作り出すためにも絶対に欠かせないのです。

セラミドは角質層の大切な機能を維持するために主要となる成分のため、加齢肌やアトピーでダメージを負った肌にはセラミドの積極的な追加は何とか欠かしたくないケアの1つでもあります。

体の中に入ったセラミドは一度は分解されて他の成分に変わってしまいますが、それが皮膚の表皮に行き届きセラミドの生成が促進され、角質のセラミド量がどんどん増えていくと考えられています。

そもそもヒアルロン酸とは人間の体内に広く存在する成分で、驚くほど保水する優れた能力を有する高分子化合物で、かなりたくさんの水を蓄えて膨張することができると言われます。

肌の老化へのケアとして、なにしろ保湿を集中的に実践することが絶対条件で、保湿を専用とした基礎化粧品でお手入れすることがメインの要素なのです。

「美容液は割高だからちょっとずつしかつけられない」との話も聞こえるようですが、肌に栄養を与えるための美容液をケチって使うくらいなら、いっそのこと化粧品を購入しない主義になった方が良いのかもとさえ思ってしまいます。

今日の化粧品のトライアルセットはいろいろなブランド別やシリーズごとなど、1パッケージの形式でさまざまな化粧品のメーカーやブランドが力を入れており、必要性が高い大人気の商品という風に言われています。 

20歳過ぎてからの肌トラブルの要因のほとんどがコラーゲンが足りないことによると考えられます。肌を支えるコラーゲンの量は年ごとに減り、40歳代を過ぎると20歳代の時期の約50%くらいしかコラーゲンを作ることができなくなってしまうのです。