僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日もとりあえず弾力のある素肌を保つケアの要点を書いてみました

加齢によって起こる肌のヒアルロン酸含量の低下は、潤いのある肌の瑞々しさを甚だしく悪化させるのみではなく、肌全体のハリも奪い辛い痒みのある乾燥肌やシミ、しわ生成の最大の要因 となってしまいます。

日焼けした後に一番にやるべきこと。それは、通常より着実に保湿することこの保湿が何よりも需要な行動なのです。更には、日焼け後すぐだけでなくて、保湿は毎日の習慣として実行する必要があります。

セラミドが入った美容サプリメントや健康食品を毎日のように身体に取り込むことにより、肌の水を抱え込む効果が更にアップすることになり、身体の組織を構成しているコラーゲンをとても安定な状態にする成果に繋げることも望めるのです。

お手入れの基本としてはずせない化粧水を肌に塗布する際には、最初に適切な量をこぼれないように手のひらに取り、温かみを与えるような雰囲気で掌いっぱいに伸ばし、顔全体に均一に優しくふんわりと行き渡らせます。

乳液やクリームなどの油分を含む基礎化粧品をつけずに化粧水だけを使う方も見受けられますが、そのケア方法は実は致命的な勘違い。保湿を間違いなくしないためにかえって皮脂が多く分泌されたりニキビ肌になったりするわけです。

肌にもともと備わっているバリア機能で潤いを保持しようと肌は頑張っているのですが、その大事な働きは年齢を重ねるとともに低下してくるので、スキンケアの際の保湿で足りなくなった分を与えてあげることが重要になります。

皮膚の乾燥重量の70%がコラーゲンで作られていて、細胞と細胞の間にできた隙間を埋めるような状態で繊維状に密に存在しているのです。肌にハリやつやを与え、シワのない綺麗な肌を支える真皮層を組成する主たる成分です。

化粧水を吸収させる際に、だいたい100回くらい手で叩くようにパッティングするという説がありますが、このつけ方はやめた方が無難です。肌の弱い方は毛細血管が破壊され赤ら顔・毛細血管拡張症の要因になることもあります。

肌がもともと持っているバリア機能で潤いを守ろうと肌は奮闘しているのですが、その有益な作用は歳とともに下降するので、スキンケアでの保湿からそれを補充してあげる必要があるのです。

多くの化粧品メーカーが魅力のあるトライアルセットを市場に出しており、好きなように買えるようになっています。トライアルセットとは言いながら、そのセットの内容とか価格の件も重視すべき判断基準だと思います。