僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もいまさらながら美容関連を書いてみます

ヒアルロン酸は乳幼児の頃に一番多く、30代を過ぎると一気に低減し始め、40代を過ぎると赤ちゃんの時と対比すると、ほぼ5割まで激減してしまい、60代の頃には相当減少してしまいます。

肌に本来備わっている防護機能によって水分が逃げないように守ろうと肌は頑張り続けているのですが、その有難い機能は歳をとるとともに徐々に衰えてくるので、スキンケアでの保湿から不足した分を与えることが重要になります。

健康で若々しく美しい肌を維持し続けるためには、多くのビタミン類を食事などで摂取することが必要となるのですが、実際のところ皮膚の組織と組織を架け橋となってつなぐ大切な役目を持つコラーゲン生成のためにも絶対になくてはならないものなのです。

化粧水の大切な働きは、潤いを与えることというよりは、肌が持つ本来の凄いパワーがうまく活かされるように、表皮の環境を健全に保つことです。

「無添加で有名な化粧水を使うことにしているので安心できる」と考えている方、その化粧水は本当の無添加品ですか?本当のことを言うと、多くの添加物の中の1つを配合していないというだけでも「無添加」と記載して何の問題もないのです。

肌に対する効果が表皮だけではなく、真皮まで至るという能力のある珍しいエキスと言えるプラセンタは、表皮の古い角質の剥離を速めることにより透き通った白い肌を呼び戻してくれるのです。

コラーゲンの効用で、肌に失われていたハリが再び戻り、気になっていたシワやタルミを健康に整えることが実際にできますし、更に乾燥によりカサついた肌に対するケアにも効果的です。

美白化粧品は乾燥しやすいものが多いとよく言われますが、今は、保湿にも配慮した美白スキンケアも販売されていますので、乾燥が不安な人は先ずは試しに使ってみる値打ちはあるのではないかと感じます。

注意していただきたいのは「少しでも汗がふき出したまま、強引に化粧水を塗布しない」ようにということ。ベタつく汗と化粧水が一緒になってしまうと気がつかないうちに肌に影響を与えてしまう恐れがあります。

化粧品の中でも美容液と聞くと、高い価格で何かしらハイグレードな感じを持ちます。年齢が上がるにつれて美容液の効果への期待感は高くなってくるものの、「贅沢品」とか「まだ早い」などと思いきれない気持ちになっている女性は思いのほか少なくないかもしれません。