僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もなにげなーく美容ケアの要点をまとめてみました。

セラミドは肌の角層において、細胞同士の間でスポンジのような役割で水や油を着実に抱え込んで存在している脂質の一種です。皮膚や髪の潤いをキープするためになくてはならない役割を果たしています。

タンパク質の一種であるコラーゲンは、アンチエイジングと健康を持続するために欠かしてはいけない栄養成分です。健康な身体にとても重要なコラーゲンは、加齢により新陳代謝が悪くなると十分に補充する必要があるのです。

プラセンタを摂取するようになって代謝が向上したり、肌の健康状態がいい感じになったり、以前より朝の寝起きが爽快になったりと効き目があると体感できましたが、副作用については思い当たる限りでは見当たりませんでした。

用心していただきたいのは「汗が少しでも吹き出している状況で、いつものように化粧水を塗らない」ようにということです。肌荒れのもととなる老廃物を含んだ汗と化粧水が一緒になると大切な肌に影響を及ぼす可能性があります。

プラセンタを配合した美容液と聞けば、アンチエイジング効果や絶大な美白効果などの特化した効能を持つ印象がある一段上の肌を目指す美容液ですが、進行してしまったニキビの炎症を緩和し、ニキビ痕の改善にも高い効果を発揮するとメディアや雑誌で話題沸騰中です。

「無添加と謳われている化粧水をちゃんと選んでいるから安心できる」などと油断している方、その化粧水は実際に無添加なのでしょうか?本当のことを言うと、数ある添加物の中の1つを使っていないというだけでも「無添加」の製品として許されるのです。

結構耳にする高機能成分セラミドは、ターンオーバーの過程で生まれる“細胞間脂質”のことで、水分を約3%程度抱え、角質の細胞同士をまるで接着剤のように接着させる作用を持っています。

注意した方がいいのは「止まらないからといって汗が吹き出している状態で、いつも通りに化粧水を塗布しない」ということなのです。汗とともに排出された老廃物と化粧水がまぜこぜになると気がつかないうちに肌に影響を与えてしまう恐れがあります。

美容液というのは肌の奥深い部分までしっかり浸透して、根本より活性化してくれる栄養剤の働きをします。美容液の有難い作用は、普通の化粧品ではなかなか到達しない肌の「真皮」の部分まで十分な栄養成分を送り届けることです。

肌の一番外側にある表皮には、硬いケラチンタンパク質からできた角質層といわれる膜で覆われた層が存在します。この角質層内の細胞の間に存在しているのが「セラミド」といわれている生体内脂質の一つです。