僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日も突然ですがすべすべ素肌を保つ対策の事を綴ってみました。

ヒアルロン酸とははじめから人の皮膚や細胞に存在している成分で、驚くほど水を抱え込む優れた能力を有する化合物で、極めて多量の水を確保しておくことができると言われています。

1gにつき6リッターの水分を保てるという優れた保水力を持つヒアルロン酸は、皮膚のほかにも様々なところに幅広く分布しており、皮膚では表皮の下にある真皮といわれるところに多量にあるという特質を備えます。

肌に本来備わっている防護機能で水分が失われないようにしようと肌は努力しているのですが、その貴重な働きは老化によってダウンいくので、スキンケアでの保湿から足りなくなった分を補充してあげる必要があるのです。

食品として体内に摂取されたセラミドは一度分解されて他の成分に変異しますが、その成分が皮膚の表皮に届くとセラミドの生成が促進されることになっていて、角質層のセラミド生成量がアップするとされているのです。

キレイを維持するためには手放せない存在のプラセンタ。昨今は美容液やサプリなどいろんな品目に添加されています。ニキビやシミの改善だけでなく美白など多彩な作用が期待を集めている有用な成分です。

肌への働きかけが表皮部分のみならず、真皮まで届くことがしっかりできるとても数少ない抽出物と言えるプラセンタは、皮膚表面の古い角質の剥離を助けることによって新しい白い肌を具現化してくれます。

洗顔料で洗顔した後は時間がたつほどに化粧水の肌への浸透の割合はどんどん減少していきます。また石鹸などで洗顔した後が一番乾燥するので、なるべく急いで潤い保湿成分の入った化粧水を肌に与えないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

全般的に美容液というのは、美容にいい成分をできるだけ濃くして、高い濃度で添加しているエッセンスで、間違いなくなくてはならないものというわけではないと思いますが、肌につけるとあくる日の肌の弾力や瑞々しさの大きな違いに驚くことと思います。

美白ケアにおいて、保湿のことが大切な要因であるという話には理由が存在します。なぜなら、「乾燥することで思わぬ損傷を受けた肌は、紫外線からくる影響を受け入れやすい状態になっている」ということなのです。

美容液をつけなくても、きれいな肌を持ち続けることが可能なら、何ら問題ないと断言しますが、「なにか物足りない気がする」などと感じたなら、年齢とは別にトライしていいのではないでしょうか。