僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

突然ですが毎日の美容方法の情報を書いてみる。

1gで6Lもの水を蓄えられる高い保水力で知られるヒアルロン酸は、皮膚やその他多岐にわたる場所に多く存在していて、皮膚の中では真皮層の部分に多く含まれているとの特徴を持ちます。

潤いを保つための重要アイテムである化粧水を肌に浸みこませる時には、まずちょうどいい量をこぼれないように手のひらのくぼみに乗せ、体温と同じくらいの温度にするようなつもりで手のひら全体に大きく広げ、均一になるよう顔全体にソフトなタッチで行き渡らせてなじませます。

タンパク質の一種であるコラーゲンという物質は伸縮性の高い繊維状のタンパク質で細胞と細胞の間をつなぐために機能し、高い保水力を持つヒアルロン酸は網目状のネットワークの隙間に存在することにより、水が逃げてしまうことを食い止める働きをします。

乳液・クリームを使わず化粧水だけ塗る方もかなり多いのですが、そのケアは正直申し上げて決定的な間違いです。保湿を着実に実施しなかったがために反対に皮脂の分泌が多くなったりニキビが出てしまったりすることがあるのです。

肌が持つ防護機能で水分の蒸発を防ごうと肌は常に頑張っているのですが、その優秀な作用は歳とともにダウンいくので、スキンケアによる保湿で不足分を与えることが必要になります。

セラミドとは人の肌表面において周りからのストレスをしっかり防ぐ防護壁的な働きを担当しており、角質のバリア機能と呼ばれる働きをする皮膚の角質層の中の大変重要な成分のことを指します。

コラーゲンという成分は、若々しく健康な毎日を送るためには必須となる栄養成分です。健やかな身体を維持するために大切な成分であるコラーゲンは、その代謝が低下すると外部から補充しなければならないのです。

コラーゲンの効果によって、肌にハリや弾力が戻り、気になるシワやタルミを健全化することが可能になるわけですし、それだけでなく更にダメージを受けて水分不足になったお肌への対応策ということにもなり得るのです。

最近耳にする美容成分セラミドは、ターンオーバーのプロセスの中で作り出される“細胞間脂質”であり、約3%の水を抱えて、個々の細胞をまるでセメントのように接着する作用を担っているのです。

よく聞くコラーゲンという物質は、いつまでも美しく健康であるために必須となる重要な成分です。健康なからだを作るために重要な成分であるコラーゲンは、加齢により新陳代謝が悪化するとそれを補給する必要性が生じます。