僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日も取りとめもなくいきいき素肌になるケアを集めてみました

注意すべきは「止まらないからといって汗が滲んでいる状態で構わず化粧水を塗布しない」ということなのです。老廃物を含んだ汗と化粧水が一緒になってしまうと無意識のうちに肌にダメージを与えることがあり得ます。

「無添加の化粧水を選んでいるから大丈夫なはず」などと思った方、その化粧水の何が無添加か確認しましたか?一般にはあまり知られていませんが、有害性があるとされる成分の中の1つを入れていないというだけでも「無添加」を訴求して差支えないのです。

注意しなければならないのは「面倒だからと汗が滲み出たまま、いつものように化粧水を塗布しない」ことなのです。肌荒れのもととなる老廃物を含んだ汗と化粧水がブレンドされると気がつかないうちに肌に影響を及ぼすかもしれません。

美容成分セラミドにはメラニンの合成を防ぎ、紫外線によるシミやそばかすを防御する嬉しい美白効果と皮膚への保湿によって、肌の乾燥やシワ、ざらざら肌などのいろんな症状の肌トラブルを阻止してくれる優れた美肌作用を持っています。

たびたび「化粧水はケチらない方がいい」「浴びるようにバシャバシャつけるといい」などというのを聞きますね。その通り顔につける化粧水はほんの少しより多く使う方がいいことは事実です。

プラセンタを添加した美容液には表皮細胞の細胞分裂を活発にさせる機能があり、表皮の代謝のリズムを健全に整え、女性の大敵であるシミが薄く小さくなるなどの効能が見込まれています。

世界史上屈指の類まれな美しい女性とされ語り伝えられる女性達がプラセンタを美容や健康とアンチエイジング効果を得るために使っていたとされ、はるか古代からプラセンタの美容に関する効果が広く知られていたということが感じ取れます。

美容液から思い浮かぶのは、高額で何となくとても上質なイメージです。年齢が上がるにつれて美容液に対する関心は高まりますが、「贅沢品?」とか「まだ早い?」などと言って迷っている方はたくさんいると言われます。

洗顔料で顔の皮膚を清潔にした後は何もせずに置いておくと化粧水の肌への吸収度合いは悪くなっていきます。また洗顔により顔の皮脂汚れなどを落とした後が一番乾燥するので、できるだけ早く保湿性のある化粧水を塗らないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

毎日のお手入れに不可欠な化粧水を顔に塗布する際には、最初にちょうどいい量をこぼさないように手のひらに出し、ゆっくりと温めるようなつもりで掌に伸ばし、顔全体に均一にやわらかく浸透させます。