僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日もあいかわらずいきいき素肌を保つケアの要点を綴ってみる。

ヒアルロン酸とはもとから生体内のあらゆる臓器や結合組織に存在するゼリー状の物質で、著しく水分を保つ能力に秀でた生体成分で、極めて多量の水をため込むことができると言われます。

セラミドは肌を潤すといった保湿能のアップや、肌水分が失われるのを防いだり、周りからのストレスとか汚れや細菌などの侵入を阻止したりするなどの役割を持っているのです。

美しさを維持するためには非常に重要なものであるプラセンタ。今は化粧水などの化粧品やサプリなど色々なアイテムに含有されています。ニキビやシミなどの肌トラブルの改善や美白など多彩な効能が注目されている優れたパワーを秘めた成分です。

しばしば「化粧水を少しだけつけても効果はない」「浴びるようにたっぷりと使用するといい」なんて聞くことがありますね。試してみると確かに潤いをキープするための化粧水の量は控え目よりたっぷり使う方がいいと思われます。

コラーゲンという成分は身体を形作る繊維状のタンパク質で、アミノ酸が多数集合体となって作られているものを言います。人の体内の全てのタンパク質の約30%超がこのコラーゲンという物質で成り立っています。

肌表面には、ケラチンと呼ばれる丈夫なタンパク質より構成された堅固な角質層があり常に外気に触れています。この角質層内の細胞間にできた隙間をモルタルのように埋めているのが「セラミド」と呼ばれている生体内脂質の一つです。

お肌の真皮の7割がコラーゲンに占められ、肌細胞の隙間を満たす形で繊維状または膜状に存在します。肌のハリを維持し、シワやたるみのない若々しい肌を持続させる真皮を組成する中心の成分です。

アトピーの敏感な肌の症状の改善に用いられる高い安全性を持つ保湿成分セラミド。このセラミドを配合した低刺激性の化粧水は保湿性能が良好で、肌荒れの元となる要因から肌をガードする重要な働きを強くしてくれます。

化粧品 をチョイスする段階では、良さそうな化粧品があなたに問題なく合うかを、試しにつけてみてから改めて買うのがもっとも安全だと考えます。そういった時に重宝するのがトライアルセットだと思います。

乳液やクリームなどの油分を含む基礎化粧品をつけないで化粧水オンリーを使っている方もみられますが、それは致命的な誤りなのです。保湿を間違いなくしないために皮脂の分泌が増えてしまったりニキビができてしまったりするわけなのです。