僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

やることがないのでマイナス5歳肌対策の要点を綴ってみました。

しばしば「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「十分潤いを与えるほどにたっぷりとつけるといい」という話を聞きますね。その通り顔につける化粧水は控え目よりたっぷり目の方がいい状態を作り出せます。

「美容液」と一口に言っても、数多くの種類が存在しており、一口にこれと説明するのは出来ませんが、「化粧水より薬効のある成分が含有されている」との意味に近い感じです。

ヒアルロン酸は乳幼児の頃に最も豊富で、30代に入ると急速に減少し始め、40歳代では乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60代にもなると大変少なくなってしまいます。

ヒアルロン酸の保水効果に関することでも、角質層においてセラミドが効率的に肌を守るバリア能力を発揮すれば、皮膚の保水作用が高まることになり、より瑞々しく潤った肌を守ることができます。

セラミドとは人の肌表面において外部から入る攻撃を食い止めるバリアの機能を担っており、角質層のバリア機能という大切な働きをこなしている皮膚の角質層に存在する重要な成分をいうのです。

美白ケアを一生懸命していると、気がつかないうちに保湿が重要であることを忘れていたりしますが、保湿に関してもとことん取り組まないと待ち望んでいるほどの結果は得られなかったなどというようなこともあると思います。

「美容液はお値段が張るからたっぷりとは使用しない」とおっしゃる方もいますが、肌のための栄養剤になる美容液をケチって使うなら、化粧品自体を買わない生活にした方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

セラミドは肌の保水といった保湿の能力の改善をしたり、皮膚から水分が出ていくのを食い止めたり、周りから入る刺激あるいは雑菌の侵入を防いだりするような作用をします。

加齢の影響や戸外で紫外線に長時間さらされることで、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは硬くなってしまったり体内での量が減ったりするのです。これらが、肌の硬いシワやたるみが発生する要因になります。

ヒアルロン酸とははじめから人の体の中の至る組織に分布している、ヌルっとした液体を指し示しており、生化学的に表現すればムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質の一種であると言えます。