僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日も暇なのですべすべ美肌になるケアの情報を書いてみる。

セラミドは肌の水分を守るような保湿の能力を改善したりとか、肌より不要に水分が飛んでしまうのを確実に押さえたり、外界から入る刺激あるいは細菌の侵入などを防御したりする役割を果たしてくれます。

天然の美容成分であるヒアルロン酸は細胞同士の間に多く含まれていて健康な美肌のため、保水効果の持続であるとか衝撃を受け止めるクッションのような効果を見せ、全身の細胞をガードしています。

セラミドについては人間の皮膚表面で外側からのストレスを食い止めるバリアの働きを果たしており、角質のバリア機能と呼ばれる働きを果たす皮膚の角質層に含まれる非常に大切な成分だということは確かです。

満足いく保湿で肌状態を正常に整えることで、紫外線の吸収をコントロールし、乾燥が要因となって生じる沢山の肌のトラブルや、はたまたニキビの炎症が肌に残った跡が黒ずんだ色素沈着の引き金となるのを未然防止する役割を果たしてくれます。

保湿の重要ポイントは角質層に適度に水分が保持されていることです。保湿作用のある成分が多く使用された化粧水で角質層の隅々まで水分を行き渡らせ、補充した水分量が逃げてしまわないように、乳液やクリームなどを使ってオイル分によるふたをして水分を閉じ込めましょう。

顔を洗った後は時間とともに化粧水の肌へのしみこみ方は減っていきます。また洗顔の後がもっとも肌の水分が少ない状態になるので、大急ぎで水分を肌にたっぷり与えて保湿してくれる化粧水を使用しないとどんどん乾燥が進んでしまいます。

肌への働きかけが表皮の部分だけではなく、真皮層にまで及ぶという能力のあるとても数少ないエキスとして評価されているプラセンタは、皮膚表面の新陳代謝を活性化させることによりすっきりとした白い肌を実現してくれるのです。

プラセンタ配合美容液には表皮の細胞の分裂を活発にする働きがあり、皮膚のターンオーバーを正常に戻し、シミやそばかすが明らかに薄くなるなどの働きが見込まれています。

顔に化粧水をつける際に、目安として100回手で優しくパッティングするという方法も存在しますが、このやり方はやめた方が無難です。季節要因などで肌が敏感になっている時には毛細血管が切れて赤ら顔・毛細血管拡張症の原因の一つになります。

年齢による肌の衰退対策は、とりあえずは保湿を丁寧に実行していくことが有効で、保湿用の基礎化粧品とかコスメで適切なお手入れを行うことが一番のポイントといえます。