僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日も取りとめもなくきれいな肌になるケアについて考えています。

保水力を持つヒアルロン酸が真皮の部分で水分をふんだんに保ち続けてくれるから、外側がいろんな変化や緊張感により乾燥することがあっても、肌は直接ダメージを受けずに滑らかさを保ったままの状態でいられるのです。

ヒアルロン酸とは元来生体内の方々に広範に存在する、ネバネバと粘り気のある高い粘性のある液体を言い、生化学的な表現ではムコ多糖類の中の一種だと紹介できます。

老化の影響や強い陽射しに長時間さらされることで、全身の至る所にあるラーゲンは弾力性を失い固まってしまったり量が減ったりするのです。これらが、肌の硬いシワやたるみを作ってしまう要因となるのです。

セラミドは皮膚の角質層内部において、細胞の間でスポンジのような役割で水分や油を抱き込んで存在している脂質の一種です。肌や毛髪の瑞々しさの維持に欠くことのできない機能を持っています。

「美容液は高価なものだから少量しか塗布しない」という話も聞こえてきますが、栄養剤である美容液をケチるのなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が、その人にとっては良いとすら感じてしまいます。

美容液を使用しなくても、瑞々しくて美しい肌を維持できるのなら、何ら問題ないと考えられますが、「なにか満足できない」と考える場合は、年齢とは別に通常のお手入れの際に取り入れてみるのはどうでしょうか。

人の体内の各部位において、途切れることなくコラーゲンの小さなアミノ酸への分解と新たな合成が繰り返し行われています。加齢によって、この絶妙なバランスが破れ、分解される量の方がだんだん多くなってきます。

「美容液」と簡単にいっても、多彩なものが存在していて、ひとまとめに定義づけてしまうのは少しばかり難しいのですが、「化粧水と比べて多めに効き目のある成分が加えられている」という雰囲気 にかなり近いかもしれません。

一口に「美容液」と言っても、いろんなものがありまして、十把一からげに説明してしまうのは出来ませんが、「化粧水より薬効のある成分が含有されている」という趣旨 と同じような感じです。

セラミドは肌の角質層内部において、細胞の間でスポンジのような役割で水分だけでなく油分も着実に抱え込んで存在する細胞間脂質の一種です。肌と毛髪の潤いをキープするために大変重要な役割を持っているのです。