僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日もなんとなーくお肌のケアの情報を書いてみる。

肌のアンチエイジングとしてはなによりもまず保湿と潤い感を甦らせることが必須条件ですお肌に豊富に水を保持することによって、角質層の防御機能がしっかりと作用してくれるのです。

体内のヒアルロン酸の量は乳幼児の時が生成量のピークで、30代以後は急速に減り幅が大きくなり、40代の頃には乳児の頃と対比してみると、およそ50%までなってしまい、60代の頃にはかなり減ってしまいます。

水の含有量を除いた人間の身体の50%はタンパク質によって占められていて、そのほぼ3〜4割がコラーゲンです。コラーゲンが担う主な役目とは全身のあらゆる組織を構成する構成成分になる点です。

セラミドは肌の表面にある角質層を維持するために絶対必要な要素であるため、加齢肌やアトピー性皮膚炎でダメージを負った肌にはセラミドの十分な追加はできる限り欠かしたくないケアになっています。

多くの市場に出回っている化粧水や乳液などの化粧品や健康補助食品に入っているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが利用されています。気になる安全面から考えても、馬由来や豚由来のものが確実に安心できるものです。

セラミドを料理とか健康補助食品・サプリなどの内部からと、化粧水などの外部から体内に入れることを実行することで、非常に効果的に望んでいる肌へ向かわせていくことが可能であろうと考えられるのです。

ヒアルロン酸の水分保持能力の関係についても、セラミドが角質層において有益に肌の保護バリア能力を働かせることができれば、肌の水分保持能力が増強され、更に一段とハリのある潤いに満ちた美肌を維持することができます。

年齢と共に肌のハリが失われシワやたるみが生まれてしまう理由は、なくてはならない重要な物質だと考えられているヒアルロン酸の含量が少なくなってしまい潤った美しい肌を保つことが非常に困難になるからに違いありません。

最近のスキンケアには欠かせない美容液は肌の奥まで入り込んで、肌の内側より若々しくしてくれる栄養剤です。美容液の最大の役目は、他の化粧品では届くことができない肌の「真皮」の層まで栄養分をしっかり送ることだと言えます。

若々しく健康な美肌を保つには、多くのビタミンを取り入れることが重要となるのですが、実はそれに加えて皮膚組織同士を結びつける大事な役目を持つコラーゲンを合成するためにも欠かすわけにはいかないものです。