僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もくだらないですが、ツルツル素肌を作る方法の事をまとめてみる。

洗顔の後に化粧水を肌に塗る時には、はじめに程よい量を手に取って、やわらかい熱を与えるような気分で手のひらに大きく広げ、万遍なく顔全体にふんわりと溶け込むように馴染ませます。

成人の肌のトラブルのきっかけの多くはコラーゲンが足りないことによるといわれています。皮膚組織のコラーゲン量は年を追うごとに低下し、40代の声を聴くと20歳代の頃のおよそ5割程度しかコラーゲンを合成することができません。

セラミドとは人の皮膚表面において外界から入る刺激から保護するバリアの役割を担い、角質層のバリア機能という働きを担っている皮膚の角質といわれる部分の非常に大切な成分のことを指します。

水分を除外した人間の身体の約50%はタンパク質により占められ、そのうちの35%前後がコラーゲンとなっています。コラーゲンの持つ重要な働きとは身体や臓器などのあらゆる組織を作るための原料になっているという所です。

顔に化粧水をしみこませるやり方として、およそ100回ほど手で叩くようにパッティングするという話を聞いたことがあるかもしれませんが、このような方法はやらない方がいいです。特に肌が敏感な方は毛細血管にダメージを与えてつらい「赤ら顔」の誘因となります。

保湿で肌の様子を整えることで、紫外線の吸収を徹底的に抑え、乾燥によって生じる憂鬱な肌問題や、それ以外にもニキビができたところに残った跡がシミのような色素沈着を起こす状況を事前に抑止してくれることも可能です。

乳液やクリームなどの油分を含む基礎化粧品を回避して化粧水だけを使う方もたくさんいると言われますが、このケアは大きく間違っています。保湿を着実に実施しなかったがためにかえって皮脂が多く分泌されたりニキビが出やすくなったりすることがあるのです。

「美容液は贅沢品だからちょっとずつしかつける気にならない」との声も聞きますが、栄養剤の役割を持つ美容液をもったいながって使うくらいなら、化粧品そのものを買わないことを選んだ方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

水の含有量を除いた人の身体のおよそ5割はタンパク質で構成され、その35%前後がコラーゲンです。コラーゲンの大切な役割は身体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節などを作る構成成分であるという所です。

歴史的な美人として誉れ高い女性達が動物の胎盤であるプラセンタを美容と若さの維持を目指して愛用していたとの記録があり、はるか古代からプラセンタの美容に関する有効性が認識され用いられていたことが感じられます。