僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

今日も何気なく美肌対策の事を調べてみました。

40代以降の女の人なら誰でもが気にかかる老化のサインである「シワ」。入念に対策をするには、シワの改善効果が望めるような美容液を通常のケアに用いることが肝心なのだと言えます。

巷では「高価な化粧水をちまちま使うのは不正解」「浴びるようにたっぷりとつけるのが一番」という話を聞きますね。試してみると確かに化粧水の使用量はほんの少しより多めに使う方がいいことは事実です。

プラセンタを摂って代謝が改善されたり、肌の色つやが変わってきたり、目覚めが格段に良くなったりと効くことを実感しましたが、気になる副作用については思い当たる範囲ではなかったです。

一般的な大人の肌トラブルの要因は主としてコラーゲンが十分に足りないことだと考えられます。皮膚のコラーゲンの量は年々低下し、40歳代では20代の頃と比べておよそ50%くらいしかコラーゲンを生成できなくなるのが現実です。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が一番豊富で、30代以後は急速に減り幅が大きくなり、40代を過ぎる頃には乳児の時と対比してみると、5割ほどにまで落ちてしまい、60歳を過ぎるとかなり減ってしまいます。

顔に化粧水をつける際に、100回程度掌で万遍なくパッティングするという情報が存在しますが、この方法はやめた方が無難です。敏感肌の方は特に毛細血管を痛めることになり毛細血管拡張症(赤ら顔)の引き金となる可能性があります。

肌に対する働きかけが表皮の部分だけではなく、真皮まで届くことが可能である希少な抽出物と言えるプラセンタは、皮膚表面のターンオーバーを加速化することによって日焼け前の白い肌を現実のものにしてくれるのです。

化粧水を顔に使う際に、基本的に100回掌で万遍なくパッティングするという情報が存在しますが、このやり方は肌にいいとは言えません。肌が過敏な状態の時には毛細血管を痛め俗に「赤ら顔」と言われる症状の要因になることもあります。

結構耳にする高機能成分セラミドは、肌の新陳代謝とともに合成される“細胞間脂質”のことで、3%ほどの水を抱えて、角質の細胞同士を接着剤のような役目をしてつなぎとめる重要な働きを有しています。

多くの会社の新商品が1パッケージにされたトライアルセットもいち早く出回り大人気です。メーカーサイドでかなり販売に注力している新顔の化粧品を効果が一目でわかるように一通りパッケージとしたアイテムです。