僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もダラダラしてますが美肌を作るケアについての考えを綴ってみます。

単純に「美容液」と一言でいっても、多くのタイプが存在して、一言でこれと説明するのは不可能ですが、「化粧水と呼ばれるものよりも効き目のある成分が使用されている」という意味合い に近いと思われます。

コラーゲンというものはタンパク質の一つであり、何種類かのアミノ酸が結びついて構成された化合物です。人体の結合組織を構成するタンパク質の約3割強がコラーゲン類で成り立っています。

この頃は抽出技術が向上し、プラセンタに含まれる有効成分を安全性の高い工程で抽出することが可能な状況となり、プラセンタの多岐にわたる注目すべき効果が科学的にきちんと実証されており、更に多角的な研究も実施されています。

コラーゲンを有するタンパク質系の食品を日常の食事で意識して摂取し、それが効いて、細胞と細胞が強く結びついて、水分をキープできたら、ふっくらとしたハリのある美しい肌になるのではないかと思います。

十分な保湿をして肌の調子を元に戻すことで、紫外線の吸収を可能な限り抑制し、乾燥が招く様々な肌問題や、その上ニキビができたところに残った跡が色素沈着となるのを予め抑止することに繋がるのです。

全般的に美容液というのは、美容にいい成分をできる限り濃くして、高濃度に添加しているエッセンスで、絶対手放すことができないものというわけではないと思われますが、使用してみると次の日の肌のハリ感や瑞々しさの歴然とした差に衝撃を受けるはずです。

水の含有量を除外した人体の約50%はタンパク質によってできていて、そのおよそ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンの持つ主な役目とは身体の皮膚や筋肉、臓器などのあらゆる組織を作るための構成部材となって利用されるという点です。

加齢が原因となるヒアルロン酸量の低下は、肌の若々しさを甚だしく損なうのみではなく、肌のハリも奪い乾燥しやすい肌やシミ、しわが生成する一番の原因 だと想定できます。

健康で美しく輝く肌を保ち続けるには、多くの種類のビタミンを取り入れることが不可欠となるのですが、実際のところ更に皮膚の組織と組織を架け橋となってつなぐ大事な役目を持つコラーゲン生成のためにも絶対に必要なものなのです。

毛穴ケアのやり方を調査した結果、「収れん効果のある化粧水などで肌理を整えて手入れしている」など、化粧水を利用して手入れを行っている女性は全体から見て約2.5割ほどにとどまるという結果になりました。