僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

知りたい!ツルツル美肌になる方法の要点をまとめてみる。

皮膚表面にある表皮には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質からできた堅固な角質層で覆われている層があります。この角質層を形成する細胞同士の隙間を充填しているのが「セラミド」と称されるスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一つです。

セラミド入りのサプリや食材を毎日の習慣として体内摂取することにより、肌の保水機能が一層パワーアップし、身体の中のコラーゲンをより安定な状態にすることも十分可能になります。

強力な保水力で有名なヒアルロン酸は細胞間物質として細胞と細胞の間に広範囲に分布し、健康で若々しく美しい肌のため、保水効果の保持であるとか弾力のあるクッションのような役割を担い、一つ一つの細胞を保護しているのです。

肌の一番外側にある表皮には、丈夫な繊維質のタンパク質で形成された角質層という部分で覆われた層が存在します。その角質層の角質細胞と角質細胞の間に存在しているのが「セラミド」と名付けられている脂質の一種です。

お肌の真皮層の7割がコラーゲンで形成されていて、細胞間の隙間を埋めるような状態で繊維状または膜状に存在しているのです。肌のハリを保持し、シワのない美しい肌をしっかり維持する真皮を形成する主だった成分です。

毛穴のケアの仕方を調査した結果、「収れん効果を持つ化粧水等で手入れする」など、化粧水を使ってケアを行っている女性は質問に答えてくれた人全体の25%程度になることがわかりました。

セラミドは肌の角層内において、細胞と細胞の間でスポンジみたいに水分と油をしっかり抱き込んで存在している細胞間脂質の一種です。肌だけでなく髪の毛を瑞々しく保つために外せない作用をしています。

身体に大切と言われるコラーゲンは、人間や動物の体内に存在する何よりも一般的なタンパク質であり、皮膚、骨、軟骨、靭帯、血管など身体全体のあらゆる部分に含まれていて、細胞と細胞をつないで支えるブリッジとしての役割を持っています。

加齢によって起こる体内のヒアルロン酸含量の低減は、肌の瑞々しい潤い感を甚だしく損なうのみならず、肌全体のハリも奪い乾燥しやすい肌やシミ、しわが現れる大きなきっかけ となる可能性があります。

有名な美容成分セラミドにはメラニンの生成を防ぎ、日焼けなどが原因のシミ・そばかすを予防する美白作用と皮膚を保湿することで、乾燥肌や小じわ、キメの乱れなどの色々な肌トラブルを阻止する高い美肌機能を持っているのです。