僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もいまさらながらうるおい素肌ケアについての考えを書いてみます。

アトピー性皮膚炎で乾燥しがちな肌の治療に使用される高い安全性を持つ保湿成分セラミド。このセラミドを添加した潤いを保つ化粧水は保湿効果が高く、様々な刺激から肌を守りケアする機能を強化してくれます。

老化による肌のヒアルロン酸の低減は、肌の潤い感を甚だしく損なうというだけでなく、皮膚のハリも奪い辛い痒みのある乾燥肌やシミ、しわができる一番の原因 となってしまう可能性があります。

コラーゲンの作用で、肌に若々しいハリが復活し、加齢によりシワやタルミを健康な状態に戻すことが可能になるわけですし、おまけに乾燥によりカサついた肌への対処にも効果的です。

セラミドについては人間の肌の表面で外から入る攻撃を阻止するバリアの働きを担当しており、角質バリア機能と言われる重要な働きを実施している皮膚の角質部分のこの上なく重要な物質のことをいいます。

水分保有能力の高いヒアルロン酸が真皮層の中で水分をふんだんに保有しているから、外の世界がいろんな変化や緊張感により乾燥しても、肌は大きな影響は受けずにつるつるツルツルのままで特に問題なくいられるのです。

スキンケアの基本といっても過言ではない化粧水を肌に浸みこませる時には、最初に適量を手のひらのくぼみに乗せ、ゆっくりと温めるような感じをキープしつつ掌にゆったりと伸ばし、顔全体を包み込むようにふんわりと馴染ませて吸収させます。

毛穴のケアの仕方を質問した結果、「毛穴を引き締める効果を持つ化粧水などをつけて対処している」など、化粧水メインで日常的にケアをしている女性は全ての回答者のおよそ2.5割程度にとどまることになりました。

体内に取り込まれたセラミドは一度は分解され違う成分と姿を変えるのですが、その成分が皮膚表皮まで届くことでセラミドの生成が開始され、皮膚表皮のセラミド生産量がアップすることになるのです。

ヒアルロン酸とは元来人の体内のあらゆるところに含まれている成分で、とても多くの水分を保つ有益な機能を持った生体成分で、ビックリするくらい多量の水を確保しておくことが可能です。

肌に備わるバリア機能で水分の蒸発を防ごうと肌は頑張っているのですが、その有益な作用は老化によって低下してくるので、スキンケアの際の保湿で足りない分を与えてあげることが大切になります。