僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

本日もやることがないのでつやつや素肌を保つ方法について情報を集めています。

皮膚表面にある表皮には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質からできた堅固な角質層で覆われている層があります。この角質層を形成する細胞同士の隙間を充填しているのが「セラミド」と称されるスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一つです。

気をつけた方がいいのは「汗がうっすらとにじんだまま、あわてて化粧水を塗ってしまわない」ということ。塩分や老廃物を含んだ汗と化粧水が混合されると大切な肌に影響を及ぼすかもしれません。

セラミドは肌の潤いのような保湿の働きをアップさせたり、肌から水が出ていくのを防いだり、外部ストレスとか雑菌の侵入をきちんと防いだりする役割を果たしてくれます。

石鹸などで顔を洗った後はそのままにしておくと化粧水の肌へのしみこみ方は少なくなっていきます。また顔の汚れを綺麗に落とした後がもっとも肌の水分が奪われた状態になるので、大急ぎで保湿効果のある化粧水を使用しないと乾燥肌の悪化につながります。

体の中に取り込まれたセラミドは一度は分解されて違う成分となりますが、その成分が皮膚表皮に達することでセラミドの産生が促進されることになっていて、表皮のセラミド含有量が多くなるわけです。

肌に本来備わっている防護機能によって潤いを保とうと肌は奮闘しますが、その貴重な働きは加齢に影響され低下してくるので、スキンケアの保湿から足りなくなった分を補填してあげることが必要になります。

加齢による肌の衰えに向けてのケアとの方法としては、とりあえずは保湿に力を入れて行うのが有効で、保湿に絞り込んだ化粧品やコスメで教科書的なお手入れすることが中心となるポイントなのです。

化粧水を使用する際「手で塗布する」派と「コットンを使う」派に好みで分かれるようですが、結論としては各化粧品メーカーが一番推奨しているふさわしいやり方で使用してみることをまずは奨励します。

美容に関する効果を目的として使用されるヒアルロン酸は、保湿に対する効果を基本的な概念とした化粧品類や健康食品・サプリなどに配合されたり、安全性の高さの点からヒアルロン注射という治療法としても活発に用いられています。

身体に大切と言われるコラーゲンは、人間や動物の身体を形成する何よりも一般的なタンパク質であり、皮膚や骨、関節など生体の様々な場所に存在して、細胞を支えるための接着剤のような役割を果たしていると言えます。