僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

あいかわらず若々しい素肌を保つケアについて書いてみた

石鹸などで洗顔した後は何もしないでいると化粧水の肌へのしみこみ方はどんどん減少していきます。また洗顔の後がもっとも肌が乾燥するので、短時間のうちに水分を肌にたっぷり与えて保湿してくれる化粧水を塗らないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

プラセンタが化粧品や健康食品・サプリに配合されていることはよく知られた事実で、新しい細胞を作って、新陳代謝を良くする薬理作用により、美肌と健康に大きな効果を十分に見せているのです。

通常は市販されている美肌効果のある化粧品や健康食品・サプリメントのプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが利用されています。安全性の高さの点から他の動物由来のものと比較して、馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが極めて信頼できます。

優れた保水力を持つヒアルロン酸が真皮の部分でたくさんの水を保持しているおかげで、外部環境が変化や緊張感で乾燥を起こすことがあったとしても、肌は滑らかなままの状態でいられるのです。

最近までの研究で得られた知見では、胎盤から抽出されたプラセンタには単純な栄養素である栄養成分だけというのではなく、細胞の分裂速度を適切な状態に調整する成分が入っていることが明らかにされています。

美容にいい成分として話題のセラミドにはメラニンの合成を紫外線によるシミ・そばかすを予防する美白作用と肌の保湿を行うことで、ドライスキンや小じわ、ごわつき肌などの色々な肌トラブルを阻止してくれる優れた美肌効果があるのです。

ヒアルロン酸とははじめから人の体の中の方々に広範に存在する、特有のぬめりを持つ粘性が高い液体を示しており、生化学的に表せばムコ多糖類と呼ばれる化合物の一種であると言えます。

セラミドは肌の保水といった保湿の能力の改善をしたり、皮膚から水分が出ていくのを食い止めたり、周りから入る刺激あるいは雑菌の侵入を防いだりするような作用をします。

コラーゲンが足りなくなると皮膚の表層は肌荒れが起こったり、血管の細胞が破壊されて出血を起こす場合もあり気をつけなければなりません。健康を保つためにはないと困る成分と考えられます。

全身のヒアルロン酸の量は乳幼児の時がピークで、30代になると一気に減少していき、40歳の頃には赤ちゃん時代と比較してみると、およそ50%まで減り、60歳代では相当の量が失われてしまいます。