僕は美容で嘘をつく

30代独身OLがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美肌情報を書いています。

やることがないのですべすべ美肌を保つ方法の要点を調べてみる

大人特有の肌トラブルの要因は主にコラーゲンの量の不足であると考えられています。皮膚の真皮層のコラーゲン量は年々低下し、40代にもなれば20歳代の頃と比較しておよそ50%くらいしかコラーゲンを作り出すことができません。

健康的で美しい肌をキープしたいなら、多くのビタミンを取り入れることが肝心なのですが、それに加えて皮膚の組織同士をつなげる必要不可欠な役割を持つコラーゲンを体内で作り出すためにも欠かすことのできないものです。

油分を含む乳液やクリームを塗らずに化粧水だけを使う方も見受けられますが、このケアは正直申し上げて決定的な間違いです。保湿をちゃんと行わないがために反対に皮脂の分泌が多くなったりニキビや吹き出物ができてしまったりするわけです。

これだけは気をつけていただきたいのが「少しでも汗が吹き出たままの状態で、お構いなしに化粧水を塗らない」ようにすることです。老廃物を含んだ汗と化粧水がブレンドされてしまうと肌に予想外のダメージを与えるかもしれません。

乳液やクリームなどの油分を含む基礎化粧品をつけずに化粧水だけを使う方も見受けられますが、そのケア方法は実は致命的な勘違い。保湿を間違いなくしないためにかえって皮脂が多く分泌されたりニキビ肌になったりするわけです。

皮膚の上層には、ケラチンという硬いタンパク質で構成された角質層と呼ばれる一種の膜があり常に外気に触れています。この角質層を形作る細胞同士の間を埋めるように存在しているのが「セラミド」と称される細胞間脂質の代表的な成分です。

保水作用を持つヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンによって構築された網目状の骨組みの間を充填するような形でその存在があって、水を抱える作用によって、たっぷりと潤った贅沢な張りのある肌へ導くのです。

セラミドは肌の水分を守るような保湿能力を改善したりとか、皮膚より水が失われてしまうのを着実に食い止めたり、外界から入る刺激あるいは汚れや黴菌の侵入を押さえたりする働きを持ちます。

女性のほとんどがほぼ日々使用する“化粧水”。それ故に化粧水の質には妥協したくないものですが、特に暑い時期にやたらと目立つ“毛穴”のトラブルを改善するためにも引き締め効果のある化粧水は役立つのです。

美白スキンケアで、保湿をすることがとても大切であるという件には理由が存在しています。その内容を解説すると、「乾燥してしまいダメージを被った肌は、紫外線による攻撃に過敏になりやすい」からだと考えられています。